Amazonモニター売れ筋ランキング

えっ!テレビが大きすぎ?後悔したくなければ買う前に読め!

 

こんにちは。

最近のテレビって家電量販店に行くと当たり前のように大きなテレビがズラリと並んでますよね。スゴイ迫力でキレイだな~って思う反面、こんな不安が襲ってきませんか?

自宅に置いたら大きすぎて後悔しないかな・・・

レイ君

今回、この疑問にお答えしたいと思います。

先に結論を言っちゃうと、

【結論】小さすぎるテレビの方が後悔する可能性大です!

本記事では、なぜ、大きすぎが理由で後悔するのか、テレビのサイズはどうやって選べばいいのかを解説します。

 

本記事の内容

  • テレビの大きさで後悔する理由
  • テレビサイズの選び方が分かる

 

筆者の自己紹介

最近は仕事でもプライベートでも四六時中モニターに向き合っている方が増えてきましたが、この記事を書いている僕もその一人。パソコン歴35年の僕はPCを扱う業界に身を置き、仕事でも沢山のモニターを購入してきました。ちなみにプロジェクター歴は10年以上。その知識を活かしつつ、本ブログにてテレビやモニター選定で困っている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

テレビが大きすぎで後悔する理由とは

テレビの購入でサイズが大きすぎた為に後悔する人がいます。その理由って意外とシンプルで「調査不足」が原因なんですが、大きくは以下3つ。

  • 買い替え前よりサイズ差が大きすぎたから
  • テレビまでの距離が近すぎたから
  • 店舗の見た目で錯覚を起こしたから

それぞれ、簡単に解説します。

買い替え前よりサイズ差が大きすぎたから

買い替えの場合ですが、以前のテレビよりかなり大きいサイズを選んでしまった時に後悔するパターンです。
長年、従来のサイズに慣れてしまったために、あまりにも大きく感じる。

今までと違いすぎるから違和感を感じるってことだね。

レイ君

ところで各テレビサイズの大きさを正確に理解していますか?意外と知らない人が多いけど、〇〇インチってディスプレイの対角線の距離のことです。

例えば、32インチから65インチに変更すると、対角線上で約84cm大きくなります。
よく考えずに大きいサイズを選ぶのは失敗するので、勢いだけで購入するのは止めましょう。

テレビまでの距離が近すぎたから

テレビサイズもしっかり調べて設置スペースも問題ないことを確認したけど、テレビまでの距離が近すぎて後悔するパターンです。
あまりにも近いために画面が大きく見え過ぎて疲れちゃうわけ。

近すぎで画面全体が視界に入りきらない・・・

レイ君

購入前はテレビの置き場所だけでなく、テレビと視聴場所の距離を考える必要があります。

店舗の見た目で錯覚を起こしたから

店舗でテレビを見た時はサイズが大きく感じなかったパターンです。店舗は自宅に比べたら圧倒的に広い空間です。しかも天井が高いために圧迫感がまるでない。
だから、本当はかなり大きいサイズでも、それほど大きく感じないわけです。

実際に見ても錯覚を起こすわけか!気を付けよう。

レイ君

大きさって想像では結構あいまいなので、自宅でメジャーを使ってどのくらいのサイズなのか確認しておくことはとても大事です。

テレビのサイズ選びは「距離間」と「用途」が大事。大きすぎは疲れるから注意!

僕がテレビやモニターのサイズ選びで後悔しないために重要視していることは「距離間」と「用途」ですね。

「距離間」と「用途」?もうちょっと分かりやすく説明してよ。

レイ君

「距離間」はテレビ画面から目までの距離を意味しますが、ディスプレイサイズに対し近すぎると視野に入りきらないため非常に疲れます。
人はそれぞれ視力が違うので一概には言えませんが、僕が思う各サイズの距離は以下の通り。

サイズ テレビまでの距離
32インチ 0.8m~1.2m
40インチ 1.0m~1.5m
50インチ 1.3m~1.9m
55インチ 1.4m~2.1m
60インチ 1.5m~2.3m
65インチ 1.6m~2.5m
距離の考え方

普通ならMax側の距離の方が楽に観れて快適。より迫力が欲しい時はMin側の距離まで近づいても視界的にはOKって感じです。

普通に観るならMax側の距離の方が快適。より迫力が欲しい時はMin側の距離まで近づいてもOKって感じだよ。

でもテレビって、同じサイズなのに「用途」によって「大きい」と感じる場合と「小さく」感じる場合があるからオモシロい。
映画館を思い出してみてください。
あの巨大スクリーンを割と近くで見ても「大きすぎて疲れた」って思わないでしょ。むしろ、映画の世界に没入して興奮することが多いよね。

たしかに映画で大きすぎって思ったことないよね。

レイ君

テレビも同じです。
ニュースキャスターがしゃべっているのを大きすぎる画面で見ていると疲れるけど、映画では疲れるどころか快適。

とは言え、狭い部屋なのに距離を確保できないデカすぎるテレビを選ぶと後悔する可能性大なので、注意しましょう。

大きいテレビは慣れで「失敗⇒喜び」に意外と変わる

上記で各サイズの距離をどのぐらい取ればいいか解説しましたが、それでも「大きすぎ!失敗した!」って思う人がいるかも知れません。
なぜなら、僕がそうだったから。

それって、プロジェクターを導入した時のことだね。

レイ君

その昔、映画好きが生じてプロジェクターを導入しており、選んだスクリーンサイズは80インチ。部屋の都合上、スクリーンまでの距離は約2.5m。
最初は「デカすぎ!」って思いました。

後で分かってきたのですが、「大きすぎ」と思ったのは距離が原因ではなく、6畳と言う狭い空間でいままで見たことのないサイズだったから。要するに錯覚ですね。

慣れていない内は錯覚するから焦らないでね。

レイ君

今ではもうワンランク上のサイズでもよかったかなって思うぐらい「大きすぎ」とは無縁で快適です。

よって、慣れることで「失敗」が「喜び」に変わる可能性って結構高いですよ。

まとめ.小さすぎるテレビの方が後悔する可能性大

いかがでしたでしょうか。
僕の経験談も交えて、大きいテレビで後悔するメカニズムを解説しました。

僕の結論としては、小さすぎるテレビの方が後悔する可能性大です!

現代はデジタル新時代に突入し、解像度は4Kが当たり前、技術の発展でコストも大幅に下がり、大画面テレビが安く手に入る時代になりました。

このテクノロジーを楽しまないなんて、もったいないよ

レイ君

もしよろしければ、以前書いた以下の記事も読んでいただけると、より一層大きいテレビの理解度が深まるでしょう。
4Kテレビの50インチが大きすぎるってことはない!80インチの僕が解説

では、お互い自分にあったテレビで人生を楽しみましょう!
またね(*^^)v

\Amazonの売れ筋機種をチェック/

Amazonテレビランキング