Amazonモニター売れ筋ランキング

4Kテレビの50インチが大きすぎるってことはない!80インチの僕が解説

 

こんにちは。

もしかして、テレビの購入でこんな風に悩んでいませんか。

4Kテレビの50インチが気になるけど、さすがに大きすぎるかな?店舗では大きく感じなかったけど、家に設置したら大きすぎて後悔ってことない?悩みすぎて決められないよ~

レイ君

今回、このような悩みにお答えします。

テレビって購入するとなかなか買い替えることがない家電のひとつ。なぜなら大昔と違って技術の向上で安定動作するようになり故障しなくなりましたからね。だからこそ、長く使う可能性が高いので失敗したくない気持ち、よく分かります。

先に結論をお伝えしちゃいます。

【結論】50インチは大きすぎるってことは無い!

むしろ映画好きな人は、徐々に物足りなさを感じるぐらいのサイズが50インチです。なぜなら6畳の部屋で80インチを楽しんでいる僕が丁度いいぐらいだから。

とは言え、50インチの使用上のメリット・デメリットをしっかりと理解した上で購入を検討しましょう。本記事がテレビサイズ選びの参考になれば幸いです。

 

本記事の内容

  • テレビサイズ50インチが大きすぎない理由が分かる
  • テレビサイズの選び方のポイントが分かる
  • 50インチの解像度は4Kで十分な理由が分かる
  • 50インチ4Kテレビのおすすめ機種が分かる
注意

本記事では49インチも50インチとして説明しています。また55インチの選定にも参考になるかと思います。

 

筆者の自己紹介

最近は仕事でもプライベートでも四六時中モニターに向き合っている方が増えてきましたが、この記事を書いている僕もその一人。パソコン歴35年の僕はPCを扱う業界に身を置き、仕事でも沢山のモニターを購入してきました。ちなみにプロジェクター歴は10年以上。その知識を活かしつつ、本ブログにてテレビやモニター選定で困っている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

テレビの50インチが大きすぎるってことはない!80インチと比較すれば分かる♬

我が家の80インチスクリーン

いきなり結論を言っちゃうと50インチテレビは大きすぎるってことはないです!

その根拠ですが、僕は映画好きで6畳の部屋にホームシアターを組んでおりスクリーンのサイズが80インチだけど丁度いいサイズ感だから。

並べて比較するとこんな感じ。

重ねて比較するとこんな感じ。

正確に寸法で比較すると以下のようになり、50インチって80インチに比べれば随分小さいことが分かります。

んっ!なんで対角の長さで比較するの?分かりにくいよ・・・

レイ君

意外と知らない人が多いので説明しておくと、テレビの大きさ(インチ)って液晶パネルの対角の長さの事なんです。テレビ選定において基本知識なので覚えておきましょう。

また、50インチが大きすぎると感じるのは、いままでその部屋に大きいモノがなかったから。人って相対的に大きく感じてしまうものです。ぼくも初めて80インチのスクリーンを広げた時は「デカすぎ」って思ったけど1週間後には、その感情は完全に消えてました。

じゃあ、50インチで決めようっと♬

レイ君

とは言え、単純に50インチを選べばいいよって訳じゃない。しっかりと環境と用途を考えてから購入すべきです。では、具体的にどのようなポイントを押さえて選ぶべきか深掘りしたいと思います。

後悔しないテレビサイズの選び方。ポイントは2つ。

テレビサイズ選びでは以下のポイントを最低限確認しましょう。

チェックポイント

  • テレビディスプレイまでの距離(環境)
  • 何を視聴するか(用途)

それぞれ解説します。

テレビディスプレイまでの距離(近すぎは疲れるから注意)

まず確認すべきこととして、ディスプレイまでの距離が重要です。

ディスプレイまでの距離ってどう言うこと?もうちょっと分かりやすく教えてよ

正確には、目からテレビパネルまでの距離のこと。

人それぞれ多少の違いはあるので一概には言えませんが、僕が観ていて無理のない距離は以下となります。無理のない距離とは画面全体が見渡せると言う意味。

サイズ モニターまでの距離
50インチ 1.5cm~2.5cm
80インチ 2m~3cm

ちなみに僕は80インチを2.5mの距離で観ていますが、快適です。いや、むしろ購入当初は100インチでも良かったかなって思ったほどです。(だた100インチであると壁の広さに問題がありました笑)

50インチの2mなら6畳の部屋でも余裕で確保できそうだね

レイ君

とは言え、人の目の視野角には限界があって、あまりに大きすぎると疲れてしまうので無理のないサイズを選ぶことは大事なんです。

正直言って

50インチの最適距離を90cmって説明してるメーカーが存在しますが、いや~その距離で見続けたらメッチャ疲れるって!楽に見続けれてこそテレビなんだからさ~(個人の感想です)

何を視聴するか(後悔しない為のサイズ選びにジャンルは重要)

ところでテレビで何を視聴しますか?

おい!テレビ番組に決まってるだろ!馬鹿にしてんのか

レイ君

すいません。聞き方を替えると、どんな番組が好きですか?

  • ニュース
  • バラエティー
  • スポーツ
  • 映画

色々あると思いますが、とくに映画鑑賞が好きな方はサイズにしっかりと拘らないと後悔します。

映画鑑賞にはその世界に入り込む没入感が大事で、ディスプレイサイズが小さいと効果が得られません。映画館のようにサイズが大きくなることで迫力が出て没入感がグッと増すのです。

また、スポーツ観戦も50インチぐらい大きいとなんかスタジアムのような感覚が時折出て、楽しさ満点です。

注意

当たり前ですが、置き場所がないのに無理して50インチを購入してはいけませんよ。無理する⇒後悔です。必ずサイズをチェックしましょう。

あと、ニュースのような報道番組しか見ない人も注意です。司会者やコメンテーターの顔がドアップで映っているのを見続けるのも結構疲れます。(僕個人の感想です)

50インチの解像度は4Kで十分な理由を解説

ところで解像度を正確に理解してますか?市販されている50インチテレビのほとんどが解像度4Kです。

50インチぐらい大きければ奮発してもっとキレイな8Kを検討した方がいいかな

レイ君

たしかに55インチ以上なら解像度8Kのテレビが存在しますが、断言します。

50インチなら4Kで十分!めっちゃキレイです!

まずは解像度の基礎からおさらいしましょう。
テレビやPCモニターの液晶パネルはドットと言われる小さな点がきれいに並べられており、そのドットひとつひとつが色を変えて表示されています。よーく、こらしめて見ればこんな感じで分かるはず。

そして解像度とは、液晶パネルを「横のドット数」と「縦のドット数」で表したものです。以下のようなイメージが出来ればOKです。

また、代表的な解像度「フルHD(FHD)」と「4K」の違いは以下の通り。

解像度 横のドット数  ×  縦のドット数
4K 3840  ×  2160
FHD 1920  ×  1080

4Kは横も縦もFHDの2倍です。要するに4Kの50インチはFHDの25インチを4枚並べたものと同じなんです。

25インチに一番近いサイズとしてPCモニターに24インチがありますが、FHDで十分綺麗です!だから50インチの解像度は4Kで十分なわけです。

HDRの重要性について

解像度4Kはいままでと比べ物にならないくらい超高画質です。だからこそ、僕は4KテレビやモニターにはHDR機能が必須と言いたいぐらい重要視しています。

へー、ところでHDRってなんなの?

レイ君

HDRとはハイダイナミックレンジの略で、通常より広い明るさの幅で表示できる技術のことです。簡単に説明すると、明るいところが白く飛んだり、暗いところが黒くつぶれたりすることなく、たくさんの階調で自然でリアルな映像を表現ができるので、ワンランク上の画質を楽しめます。
もうちょっと詳しくHDRのことを知りたいって方はこちらの記事「モニターにHDRって必要?HDRの必要性を分かりやすく解説!」をよろしければどうぞ。

コスパの高い50インチ4Kテレビのおすすめ機種を紹介

では50インチの4Kテレビのおすすめを紹介します。
コスパを重視していますが、選定基準として以下を条件に入れました。

  • 裏番組録画機能あり
  • ネット動画視聴機能あり
  • Amazon評価★4以上

外付けHDDへの番組録画やNETFLIXなどのネット動画視聴機能は今や常識ですが、巨大ネットショップAmazonでの評価が★4以上のものに限定。僕の好みだけではなく、やはり実際に使用した第3者の評価って大事ですからね。

 

紹介テレビの一覧
※スマホでは表を指でスライドしてみてね。
※価格は日々変動しています。

No メーカー モデル 裏番組録画数 ネット動画 HDR 価格
ハイセンス 50E6800 2番組
※Amazon Prime Video未対応
約6.0万
東芝 レグザ 50C340X 2番組 約7.9万
シャープ AQUOS 4T-C50CL1 2番組 約7.8万
パナソニック VIERA TH-49GX755 1番組 約8.0万
ソニー ブラビア KJ-50X80J 2番組 約11.0万

今回厳選して気付いたこととして、①のハイセンスは高機能なのに圧倒的に安く普通に観る分には十分。②③④に大きな差はないが④のパナソニックのみ視野角が広く色再現性の高いIPSパネル採用を公表している。とは言え、ソニーの映像・音響技術がトップレベルなのは周知の事実ですよ!

では、それぞれ簡単に解説します。

ハイセンス 50V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ 50E6800

テレビ界でコスパ最高レベルのハイセンスが販売する50インチ4Kテレビ。映像エンジンはなんと東芝映像ソリューションとの共同開発による「NEOエンジン」搭載。さらに極限まで薄くしたベゼルで超スリム化を実現し、無駄のないデザインはカッコイイの一言。めっちゃ売れていて評価が高く、昔の中国メーカーイメージは一切なし。ちなみにハイセンスは東芝・レグザの親会社でもある。

 

東芝 50V型 液晶テレビ レグザ 50C340X 4Kチューナー

お馴染み東芝レグザの50インチ4K液晶テレビです。地デジビューティーXは地デジのノイズを高精度に抑制しながらクッキリとした映像を再現する。さらにレグザのお得意の番組を見ながら別の2番組同時録画もできちゃうのは当たり前。HDMI端子は4ポートあるため為、ゲーム機などあらゆる機器を接続可能。「瞬速ゲームモード」を搭載しSwitchやPS4・PS5などレスポンスよくゲームも楽しめる。

 

シャープ 50V型 液晶 テレビ AQUOS 4T-C50CL1 4K チューナー

シャープ AQUOSシリーズのハイグレードモデル50V型4K液晶テレビです。画像処理エンジン「Medalist S1」が高精細で色鮮やかな4K映像を楽しませてくれます。また、外光や照明の映り込みを低減する「低反射」パネルを採用し、明るいリビングでも見やすい4K映像を実現しています。「Eilex PRISM」により原音に近い高音質にもこだわっています。安くても完璧を求める方におすすめです。

 

パナソニック 49V型 4Kダブルチューナー内蔵 液晶 テレビ VIERA TH-49GX755

パナソニックのVIERAシリーズの49インチ4Kテレビです。IPSパネルのため視野角が178°ありどこから見てもキレイな映像が楽しめる。3方式のHDR機能を搭載し、衛星放送やブルーレイ、VODまで全てシーンで高コントラストで明るい映像。左右合計30Wのフルレンジスピーカーにてクリアなサウンドを実現。ただし裏番組は1つしか録画が出来ないので、録画好きな方は注意が必要です。

 

ソニー 50V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-50X80J 4Kチューナー

ソニーの「ブラビア」 50V型4K液晶テレビです。いつも見ている映像を4K HDR相当の高画質で再現し、さらに「トリルミナス プロ」搭載により精細な色表現を可能しています。また、どんな音もクリアで聞き取りやすくするために音のひずみを低減する振動版「X-Balanced Speaker」を搭載。多少高額なのは技術に自信ありの証。映像も音声も妥協したくない方におすすめの逸品ですね。

 

録画用HDDなら

やっぱりテレビ録画用ならバッファロー 外付けハードディスクが静音&コンパクトでおすすめ。4TBの大容量で約1万円はめっちゃコスパいい。Amazonでもベストセラー1位だよ。

【まとめ】6畳の部屋でもテレビの50インチは完全にあり!

いかがでしたでしょうか。

50インチを購入しようか迷っていた方の参考になれば幸いです。

もう一度ポイントを整理します。

  • 50インチは大きすぎるってことはない
  • ディスプレイまでの距離は大事
  • 50インチの解像度は4Kで十分
  • 50インチは迫力が増して楽しくなる

特に映画鑑賞は間違いなくサイコー!バイオハザードのようなゲームも迫力があって楽しいでしょう。

ちなみに本格的に映画を楽しみたいならプロジェクターと言う選択もありですよ。最近流行っているのは照明と一体になっているタイプ。スクリーンを用意せず白い壁に映して気軽に楽しんでいる人が結構います。いい時代になりましたねー。

ではお互い、最高なビジュアルオーディオ環境で人生を楽しくしましょうー。

最後までお読みいただきありがとうございました。