ゲーミングモニター12社の特徴を解説

4Kの27インチモニターって意味ない?文字小さい?ベスト用途とおすすめ機種を解説♬

こんにちは。

4Kが当たり前の時代に突入しました。その証拠に、新型ゲーム機のPS5(プレイステーション5)は標準で4Kに対応。U-NEXTやAmazonプライムビデオなどのVODも4K作品を続々と配信しています。

そんなわけで4Kモニターを検討しているあなたはこんな風に考えていませんか?

  • いままで24インチモニターを使ってきたけど、27インチにしてみようかな
  • どうせなら、流行りの解像度4Kにしてみるか
  • いや待てよ、もしかして4Kにしたら文字が小さいから意味ないかな
  • どういう場合に27インチ4Kモニターを選ぶのだろう

実はここまで感じているなら、モニター選びとしての正しい第一歩を踏み出してします。

あの~、キレイな映像にしたければ迷わず4Kにすればいいでしょ?

レイ君

スマホの画面も高解像度化が進み、単純に「高解像度」=「キレイで使いやすい」と思われがちですが、PCの画面においては冷静な判断が必要です。

先に結論と言っちゃうと27インチ4Kモニターは用途が一番大事です。要するに使い方さえ合えば最高の選択となり、意味ないなんて事はありません。

今回、27インチの解像度4Kモニターについて説明したいと思います。最後におすすめ機種も紹介しますね♬

本記事の内容

  • 解像度の意味が正確に理解できる
  • 4Kの27インチが意味ないと言われる理由がわかる
  • 27インチ4Kモニターの用途とおすすめ機種がわかる

筆者の自己紹介

最近は仕事でもプライベートでも四六時中モニターに向き合っている方が増えてきましたが、この記事を書いている僕もその一人。パソコン歴35年の僕はPCを扱う業界に身を置き、仕事でも沢山のモニターを購入してきました。その知識を活かしつつ、本ブログにてモニター選定で困っている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

4Kの27インチモニターって意味ないほど文字小さい?まずは解像度を正確に理解しよう

冒頭でもお伝えしましたが、ゲームやVOD(動画配信サービス)は4Kがスタンダードになってきました。VODに関しては、もはや映画館を超えたクオリティーと言っていいでしょう。ここにきてやっと解像度4Kが一般に普及してきた訳です。

でも、やっぱり4Kにする必要ある?FHDでも十分キレイだと思うけど・・・

レイ君

4KはFHDに比べたらケタ違いに高画質ですが、イメージで捉えている人も少なくありません。

これからモニターを選ぶためにも、解像度の意味を正確に理解しましょう。

できる限り分かりやすく説明してね

レイ君

まず、液晶モニターのパネルはドットと言われる小さな点(画素)がきれいに並べて敷き詰められています。

そのドットの量を解像度で表し、4KとFHDで比較すると以下のようになります。

解像度の比較

(横) × (縦)
 4K3840 × 2160
FHD1920 × 1080

4KはFHDより横も縦も数値が2倍です。

この大きさの違いを画面全体のイメージ図で比較してみます。

大きさの違い

一目瞭然ですが、4Kの全ドット数はFHDのなんと4倍です。

わかった!同じサイズで4Kにしたら、ドットがもっと小さくなるよね

レイ君

同じモニターサイズで4Kにするとドットの大きさが4分の1になるため、文字の大きさも4分の1になります。

今、この記事を27インチモニターで見ている人もいるかと思いますが、文字の大きさがこんなに小さくなったら読みにくくなると思いませんか。

これが、27インチを4Kにすると文字が小さいから意味ないと言われる理由です。

小さいドットだからこそ大きなメリットがある。27インチ4Kモニターの用途を解説!

上記で説明した通り、4Kにするとネイティブ解像度では文字はビックリするぐらい小さくなります。

視力に自信のある人なら許容範囲かもですが、僕なら間違いなく目が疲れやすくなる。

そんなに目が疲れるなら4Kは止めた方がいいよね

レイ君

とは言え、その理由だけで4Kを止めるのはよくありません。使用目的、ようするに用途が合っているのなら4Kはベスト選定になります。

また、Windowsにはディスプレイの設定で、「テキストやアプリ」と「解像度」のサイズを別々で設定できます。要するにテキストのサイズを150%等に拡大設定すれば、4Kでも大きな文字で表示することが可能となるのです。

4Kで文字を拡大すると文字が滑らかになると言うメリットが発生することもお伝えしておこう。

設定を変更すれば文字の大きさの心配はないのね

レイ君

大事なのは4Kの解像度で何がしたいかです。要するに用途ですが、モニターとしては大きめの27インチで4Kに適した用途は以下が考えられます。

  • 4K作品の動画・映画鑑賞
  • PS5等の4K対応のゲームプレイ
  • 上記とPC作業との共用

27インチはPCモニターとして絶妙な大きさで、映画鑑賞もゲームも没入感が増して集中できるのがメリット。

そこに4Kと言う超高画質が加われば、最強のモニターと言っても過言ではないでしょう。

設置環境について

通常PCモニターであれば、PCデスクの上に置いてあるよね。椅子に座ってキーボードを構えると目からモニターまでの距離はおそらく70~80cmぐらいではないでしょうか。この距離間なら視力的にも4Kのゲームや映画の美しい映像がしっかりと体験できるのでメリットは高い。

27インチはPC作業としても全体が見渡せる大きさなので使いやすい。

逆にあまり遠い位置にモニターを置いていた場合、きめ細かい映像が視力的に見えなくて意味ないことになるかもなのでご注意を。

っと言うわけで、使い方次第で27インチ4Kモニターは最強のツールになるでしょう!

4Kモニターだからこそ液晶パネルは「IPSやVA」を選ぶべき理由

超高画質の4Kモニターだからこそ、映画鑑賞のためにも絶対こだわるべきモニターのスペックがあります。

それは・・・液晶パネルの種類です。

えっ、液晶パネルに種類があるの?今まで気にせずに購入してたよ!

レイ君

液晶パネルには「IPS」「VA」「TN」があり、一般的に以下の特徴がそれぞれあります。

パネルの種類特徴
IPS視野角が広く色再現性も高いので画質がとてもキレイ。映画鑑賞としてベスト!最近はゲーミングモニターとしても多く採用されている。どうしても価格が高くなるのがデメリットですね。
VA画質はIPSとTNの中間的存在。視野角はIPSよりは狭いけど気になるレベルではないかと。コントラストが他のパネルより高く黒の再現が抜群なので映画にも最適。
TNリフレッシュレート・応答速度共に速く表示できる。その代わり視野角な狭いのがデメリット。他のパネルより画質は劣るが価格が安くゲーミングモニターとして一番採用されている。

上記のとおり、目的が主に映画鑑賞なら「IPS」か「VA」パネルを選ぶべき。目的がゲームだけなら「TN」パネルが一番安くておすすめですが、今回は映画鑑賞とゲームどちらでもOKなモニターを紹介したいので「TN」パネルのモニターは割愛します。

要するに動画視聴やPC作業の場合は「IPS」もしくは「VA」パネルの方が快適ってことだね♬

レイ君

ちなみに僕は「IPS」と「VA」を並べて使用していますが、特に違和感なく使用しています。そのぐらい見た目の違いは分かりにくいですが気になる方は「モニターのIPSとVAってどっちが綺麗?TNとの違いは?比較調査したらスッキリ!」にて比較検証していますので参考にしてください。

また、モニターのスペックにHDRと言うものがあります。HDRとはハイダイナミックレンジの略で、通常より広い明るさの幅で表示できる技術のことです。簡単に説明すると、明るいところが白く飛んだり、暗いところが黒くつぶれたりすることなく、たくさんの階調で自然でリアルな映像を表現ができるので、ワンランク上の画質で楽しめます。
もうちょっと詳しくHDRのことを知りたいって方はこちらの記事「モニターにHDRって必要?HDRの必要性を分かりやすく解説!」をよろしければどうぞ。

27インチ4Kモニターのおすすめ機種7選を紹介

それでは、27インチの4Kモニター7機種を紹介します。

まずは以下の比較一覧表をご覧ください。
もちろん、全機種「27インチ」「4K」です。

※スマホでは表を指でスライドしてみてね。
※モデルにタッチすると詳細説明位置にジャンプするよ。
※価格は日々変動していますので必ずショップで確認してください。

Noモデルメーカー型式パネルHDR接続規格スピーカー価格
HP27f 4KIPSHDMI×2
DP×1
なし約4.0万
DellS2721QSIPSHDMI×2
DP×1
あり
3Wx2
約5.2万
LG27UL500-WIPSHDR10HDMI×2
DP×1
なし約3.8万
LG27UP650-WIPSHDR400HDMI×2
DP×1
なし約4.3万
BenQEW2880UIPSHDRiHDMI×2
DP×1
USB-C×1
あり
3Wx2
約5.5万
DellU2720QMIPSHDRHDMI×1
DP×1
USB-C×1
なし約5.2万
EIZOEV2785-BKIPSHDMI×2
DP×1
USB-C×1
あり
1Wx2
約8.8万

上記のとおり、人気の7機種を厳選しましたが、僕のおすすめトップ3は用途によって異なります。

  • 安さ重視&スピーカーなし → ③LG 27UL500-W
  • USB-C付&スピーカーなし → ⑥Dell U2720QM
  • USB-C付&スピーカー内蔵 → ⑤BenQ EW2880U

コスパ重視なら「③LG 27UL500-W」がおすすめ。HDRも付いてこの価格は企業努力がスゴイ!ただし高さ調整や回転機構が欲しかったら上位機種の「④LG 27UP650-W」にしましょう。

MacユーザーのようにUSB-C接続がしたいのなら「⑥Dell U2720QM」がおすすめ。ただしスピーカーを内蔵していないので、外部スピーカーでカスタマイズを楽しみたい派にピッタリです。

逆に内蔵スピーカーモニターで机上をスッキリさせたい人には「⑤BenQ EW2880U」がUSB-Cも対応しておりオススメ。モニターには珍しく高音質スピーカーを採用しており、さらにリモコン付きなので便利性がハンパない。正直、予算が許せばイチオシの逸品です。

ちなみに外部スピーカーは「Bose Companion 2 Series III」がイチオシですが、予算オーバーであれば「Creative Pebble」が安いけど音質はお値段以上♬

では、それぞれ簡単に特徴を解説します。

① HP モニター 27インチ 4K ディスプレイ HP 27f 4K

超薄型パネルが目を引くHP製27インチ4Kモニターです。この薄さはインテリアとしても映える存在感。そしてIPSパネル採用なのに圧倒的な安さ。HDR機能こそ搭載していないが、4KパネルとしてはコスパNo1かも。

とにかく安い!4Kモニターが欲しい人におすすめです。

② Dell 4K ワイドフレームレスモニター 27インチ S2721QS

モニターに定評のあるDELLの27インチ4Kモニターです。IPSパネルでスピーカーも搭載し、高さ調整や縦横回転もできてあらゆるスタイルに対応可。ただしHDRに対応していない点には注意が必要ですが、そこまで気にしない人には標準的なよい機種です。Dellの「3年間無輝点交換保証」も対象でGood。

高品質で保証がしっかりした27インチ4Kモニターが欲しい人はぜひ。

③ LG モニター ディスプレイ 27UL500-W 27インチ

液晶パネルメーカーとしても有名なLGの4Kモニターです。IPSパネルで色再現性も高くHDRで美しい映像が楽しめてこの低価格は敵なしでしょ。ブルーライト低減機能もあり、死角なしって感じですね。

液晶パネルメーカーがガチで開発した4Kモニターを使ってみたい方はぜひ!

④ LG モニター ディスプレイ 27UP650-W 27インチ

こちらもLGの4Kモニターですが、なんとHDR400に対応。この仕様で5万円以下は本当に敵なしだね。さすがコスパのLGです。もちろん、目への負担を軽減する「フリッカーセーフ」や「ブルーライト低減モード」も搭載。高さ・回転調整もできるので、あらゆるシーンに対応できて完璧ですね。

憧れのHDR400を搭載した4Kモニターを5万円以下で手に入れたいワガママさん、どうぞ!

⑤ BenQ EW2880U 4K エンターテインメントモニター 28インチ

日本でもモニターメーカーとして人気のBenQ 28インチ4Kモニターです。BenQと言えば目に優しいアイケア機能(フリッカーフリー、ブルーライト軽減、輝度自動調整など)が嬉しい。そして本モデルは高音質で定評のあるtreVoloスピーカーを内蔵しているので机上をスッキリしたい派にはピッタリ。HDRもしっかり対応しておりデメリットが見当たらないですね。

僕のように目を労わることを重要視しつつエンタメを最高の環境で楽しみたい人におすすめ!

⑥ Dell 4Kモニター 27インチ U2720QM

モニターで定評のあるDellの4K・HDR・27インチモニターです。Dellと言えばもちろん「3年間無輝点交換保証」付きで、ドット抜け(1画素だけ点灯しない状態)があっても交換してくれるサービスが嬉しい!好き嫌いのないシンプルなデザインもGOOD。

業界トップクラスの保証された高品質なモニターを安心して手に入れたい方はぜひ。

⑦ EIZO FlexScan 27.0インチ ディスプレイモニター EV2785-BK

しっかり最高級モニターブランドして定着したEIZOの27.0インチ 4K ディスプレイモニターです。企業でよく採用されており、僕も普段から使用しているけど一日中モニターに向かっても目が疲れないのが不思議。5年間保証は修理費用や修理中の貸出機も5年間無料というスペシャルな内容です。

最高級品にこだわる人にしかおすすめできないモデルです。

【結論】27インチ4Kモニターは映画鑑賞がベスト用途!

いかがでしたでしょうか?

PC作業との共用で映画鑑賞も楽しむなら27インチの4Kが使いやすいことが少しでも伝わったのなら幸いです。

コスパ最高!4K作品あり動画サイト

もちろん、ノートPCのサブディスプレイとして使っても作業性が向上して最高でしょう。

とは言え、PS5用に4Kを検討している方は注意が必要です。

PS5はゲーミングPC並みの性能をもっており、4Kをフレームレート120fpsで映像を出力できます。この性能に完全対応した4Kモニターはこちらの記事「PS5の120fps対応モニターおすすめ15選【4K・WQHD・FHD各モデル紹介】」にて詳しく解説していますので気になる方はご覧ください。ただし高額ですよ。

4Kなら、もうひとつサイズが大きい32インチはどうなのかな?

レイ君

もちろん、映画鑑賞やゲーム目的なら32インチも迫力があってサイコーです。とは言え、さすがに通常のPC作業する距離間では近すぎるのでちょっと離れましょう。

32インチ4Kモニターについては以下の記事でも詳しく解説しているので、興味があればぜひ読んでみてください。

映画鑑賞・動画鑑賞用なら4Kモニターで観なきゃ損!おすすめ5機種を紹介【ゲームも最高】

今年はコロナの影響で東京オリンピックは延期となりましたが、元々オリンピックでは8K放送をしようとしていたぐらい高解像度化は進んでおり、4Kは当たり前の時代になりつつあります。

FHDを使っていた人なら間違いなく4Kで今までの映像の世界が変わりますよ。

新しい世界で思いっきり楽しんでみませんか。

モニターの世界って意外と奥が深いんだね

レイ君

最後までお読みいただきありがとうございました。

Amazon裏技的利用法♬

Amazonチャージってご存知でしょうか?自分アカウントにあらかじめギフト券としてチャージするだけで最大2.5%のポイントがもらえちゃう。

そのギフト券で普通に支払いできるので手間なし。ポイントもらえば実質割り引きみたいなもんだから、知ってる人だけの裏技ってわけ♬

Amazonチャージの詳細はこちら

すべては全集中のために♬

モニターアームは自由自在にモニターの位置を簡単に移動できる便利アイテム。机上をスッキリできて、PC作業やゲームなどシーンによって素早く調整可能。やはり高品質「エルゴトロン」がAmazonベストセラーNo1で人気ですね!

Amazonでエルゴトロンをチェック

また、モニターには外部スピーカーが必須ですよ!モニターの内蔵スピーカーなんて今やスマホ以下の低音質だから。でもね、2~3千円のじゃあ意味ないよ。最低でもBoseの「Companion 2 Series III」レベルの音質は欲しいでしょ♬

AmazonでBose Companion 2 IIIをチェック

もう少し予算とスペースがあるなら「Edifier R1700BT」にすると立派なサウンドルームになる♬

AmazonでEdifier R1700BTをチェック

もう普通のイスには戻れないよ・・・

1万円台のゲーミングチェアを買ってみたら「お値段以上」だったのでレビューを書いたよー。ゲームはもちろんPC作業でも、普通のイスを使っている人は一度読んでいただけると「ゲーミングチェアのイロハ」が3分で理解できるよ♬

1万円台の安いゲーミングチェアを使った感想 → 割とよい【1万円以下はおすすめしない】

1万円台の安いゲーミングチェアを使った感想 → 割とよい【1万円以下はおすすめしない】