ゲーミングモニターの選び方はコチラ ≫

湾曲モニターってどう?メリット・デメリットを解説!後悔したくなければ買う前に読め♬

※本ページはプロモーションが含まれています

もしかして、こんな風に悩んでいませんか?

湾曲のゲーミングモニターが気になってるけどどうかな?FPSに最適かな?湾曲のメリットやデメリットを理解してから購入を検討したいです。

レイ君

eスポーツが注目を浴びてから、近年、爆発的に増えてきた湾曲型のゲーミングモニター。なぜこんなにも人気なのか?普通のディスプレイと比べてなにがメリットなのか?気になる方も多いでしょう。

そこで今回、これらの疑問にお答えします。

結論を先に言っちゃうと、FPSやレーシングゲームでより一層没入できて最適です!ただし注意点もあり。

本記事では、どのような方なら湾曲型モニターを購入しても後悔せずに満足できるのか、初心者でも分かりやすく解説します。おすすめの機種も紹介するので納得してから購入しましょう。

本記事の内容

  • 湾曲モニターと普通のモニターの違いが分かる
  • 湾曲モニターのメリット・デメリットが分かる
  • 湾曲モニターは何インチが最適か分かる
  • おすすめ湾曲型ゲーミングモニター機種が分かる

筆者の自己紹介

最近は仕事でもプライベートでも四六時中モニターに向き合っている方が増えてきましたが、この記事を書いている僕もその一人。パソコン歴35年の僕はPCを扱う業界に身を置き、仕事でも沢山のモニターを購入してきました。その知識を活かしつつ、本ブログにてモニター選定で困っている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

湾曲モニターってどう?普通のモニターとの違いを解説

湾曲型のモニターってAPEXのようなFPSに最適なの?実際どうなの?って答えを求める前に普通のモニターとの違いを正確に理解しましょう。

じゃあ、分かりやすく説明してね

レイ君

湾曲型のモニターは名前の通り、ディスプレイパネルが平面ではなく湾曲になっています。モニター上部から見るとこんな感じ。

要するに画面端と目までの距離が平面モニターよりも近くなります。

とは言え、近ければいいってわけではなく、眼球の曲線に近づけたカーブのため、より自然に近い見え方を追求したのが湾曲型モニターなのです。

では、メリットやデメリットを深掘りしてみましょう。

ワンポイント

湾曲度合いを「1500R」のように表現しますが、1500Rは半径1500mm(150cm)の円を描いた時のカーブという意味。ほかにも「1000R」や「1800R」の湾曲モニターが存在しますが、人間にとって自然な曲線は「1000R」だったり「1500R」だったり、メーカーによって主張が異なります。なので僕はどっちがいいかはあまり気にしません。

湾曲モニターのメリット・デメリットを分かりやすく解説

上記で湾曲の度合いが自然に見えるカーブであることが分かったと思いますが、メリットやデメリットをしっかり理解しましょう。

湾曲モニターのメリット

湾曲モニターのメリットは以下3つ。

  • 視線を変えずに画面端の情報が入りやすい
  • ゲームや動画への没入感が高くなる
  • オフィスのような仕事でも自然な見え方

画面端の距離が近づくことで、真正面との焦点距離の差が少なくなるため、より自然と映像の情報が把握しやすくなります。特にゲームでは、画面端の文字を読むといったことがないため、視線をあまりずらさず集中でき、FPSやレーシングゲームでは没入感が高くなるでしょう。

今まであまり気にしたことがなかったけど、平面パネルでは真正面と画面端では見え方が違ったのか・・・

レイ君

また、オフィスソフトなどの仕事でも絶妙なカーブが見にくいどころか自然に見えて目が疲れにくい効果も期待できます。実際、海外では普通に使われており、日本は遅れているのが現状。

よって、湾曲モニターのメリットをまとめると、「使っていて楽しい♬快適!」そんなモニターですね。

とは言え、以下のデメリットもあります。

湾曲モニターのデメリット

湾曲モニターのデメリットも以下のように3つあります。

  • 人によっては慣れる期間が必要
  • 人によっては酔う人がいる
  • 平面モニターよりは少し高額

平面モニターを長く使っていた人が曲面に変えた場合、当たり前ですが見え方が異なるため違和感を感じる人がいます。よって慣れるのに数日かかる場合があるでしょう。

湾曲で酔った人がいるって聞いたことがあるけど

レイ君

とくにAPEXやフォートナイトのような3Dゲームで酔う人がいると言った意見がありますが、酔う原因は以下が考えられます。

酔ってしまう原因
  • そもそも3Dが酔ってしまう体質
  • リフレッシュレートが遅すぎ
  • 画面サイズが大きすぎ

たとえばSwitchのスプラトゥーンでも3D映像で酔ってしまう方は意外といるわけで、そもそも湾曲の問題ではない可能性が高い。そういった方は車酔いを克服するように鍛えるか、あきらめるか、どちらかでしょう。

健康を害してまでやるのは意味ないからね

レイ君

また、リフレッシュレートが遅すぎて映像がスムーズに動いていなかったせいで酔った事例もあります。ゲーミングモニターの場合、リフレッシュレートは快適にプレイするためにかなり重要なスペックなので注意しましょう。

ところで湾曲型のモニターって高いのかな?

レイ君

やはり特殊加工なのでちょっと高めです。とはいえ、ビックリするほどではないので十分購入できる価格でしょう。セールの時はなぜか平面パネルより安くなる現象が起きたりもします。

湾曲モニターは何インチがおすすめ?

ところでさー、ゲーム目的なら湾曲モニターは何インチがおすすめかな

レイ君

モニターの大きさは用途、すなわち目的で決めるべきです。湾曲だから絶対27インチ以上だとか、平面だから24インチまでが良いとか言った指標はない。

APEXのようなFPSにガチで勝つためのモニターを選ぶなら24インチ一択です。これは僕だけの意見ではなく、生活をかけた多くのプロゲーマーが実際24インチを使っています。

迫力と見やすさが両方欲しいなら27インチがベストでしょう。

また、とにかく映画やゲームで迫力を重視したい、友達や家族と快適に楽しみたいなら32インチは最高です。

湾曲モニターはどのサイズであっても、目のカーブに沿った自然な見え方で没入感が増すことは間違いありません。

画面の大きさは、モニターとの距離もすごく重要で、このあたりの話は以下の記事でも解説しているので興味があればどうぞご覧ください。

僕はモニターをPC作業とゲームに兼用して使っているのと、視力が良くないので27インチが見やすくベストサイズです。

湾曲ゲーミングモニターおすすめ10機種を紹介

それでは、おすすめの湾曲型ゲーミングモニターを紹介します。

その前にパネルの種類と特徴だけは覚えましょう。代表的なのは以下の3種類です。

パネルの種類特徴
IPS視野角が広く画質がとてもキレイ。最近はリフレッシュレートが速いモニターも増えてきたがTNよりは応答速度は若干遅い。どうしても価格が高くなるのがデメリットですね。
VA画質はIPSとTNの中間的存在。応答速度は速いが、視野角はIPSよりは狭い。コントラストが他のパネルより高いのが最大のメリット。
TNリフレッシュレート・応答速度共に速く表示できる。その代わり視野角が狭いのがデメリット。他のパネルより画質は劣るが価格が安くゲーミングモニターとして一番採用されている。

湾曲モニターのほとんどがVAパネルです。VAパネルは高画質と低コストのバランスが良いので、ゲーミングモニターでも人気の液晶パネルで安心。

まずは以下の比較一覧表をご覧ください。
もちろん、全機種「湾曲(曲面)ディスプレイ」です。
※スマホでは表を指でスライドしてみてね。
※価格は日々変動していますので必ずショップで確認してください。

 サイズメーカーモデル湾曲率パネル種リフレッシュレート応答速度HDR価格
24インチ
FHD
MSIG24C4 E21500RVA180Hz1ms約2.3万
AcerED240QSbmiipx1500RVA165Hz1ms約2.5万
27インチ
FHD
DellS2721HGF1500RVA144Hz1ms約3.5万
PixioPXC2791500RVA240Hz1ms約3.7万
27インチ
WQHD
AcerED270UP2bmiipx1500RVA170Hz1ms約3.3万
PixioPXC2771500RVA165Hz1ms約4.0万
32インチ
FHD
PixioPXC3251500RVA165Hz1ms約3.2万
AOCC32G2ZE/111500RVA240Hz0.5ms約4.0万
34インチ
UWQHD
HUAWEIMateView GT1500RVA165Hz4ms約6.5万
LG34WP60C-B1800RVA160Hz1ms約6.0万

ゲーミングモニターの選定はまず「勝率」「解像度」「迫力」「リフレッシュレート」「コスパ」の何を重視するのか優先順位を決めましょう。

FPSで勝つことが目的なら迷わず24インチの①②より好きなデザインで選べばOK。少し迫力も欲しければ27インチの③④もコスパが高くおすすめ。

また、デュアルモニターが不要な⑨⑩も近年人気で特に⑩は応答速度も速くゲーミングとして本格的です。

では、それぞれ簡単に解説します。

① MSI G24C4 E2 ゲーミングモニター

ゲーミングノートPCでも定評のあるMSIが真のゲーマーのために開発した湾曲パネル採用のゲーミングモニターです。正確には23.6インチのフルHD液晶パネルでリフレッシュレートは180Hzと必要十分。フレームレスのスリムなデザインで高い色再現性を実現しています。ちなみにMSIの湾曲は昔から定評があるので安心!

湾曲モニターの実績が高く「安心&高性能&コスパ」をすべて欲しい方はぜひ!

② Acer ゲーミングモニター Nitro ED240QSbmiipx

ゲーミングノートPCでも有名なAcerのゲーミングモニター、正確には23.6インチの湾曲モデルです。FHDのVAパネルを搭載しリフレッシュレートは165Hzと高速で応答速度も1msと完璧。しかもこの価格でHDR対応とは企業努力がスゴイ!フレームレスでスリム、且つ、スタンダードなデザインが何にでも合いますね。

人気のゲーミングブランドの高性能モニターでガチプレイしたい方はぜひ!

③ Dell S2721HGF 27インチ 曲面 ゲーミングモニター

モニターに定評のあるDellの144Hzゲーミングモニター27インチです。FHDのVAパネルを使用し徹底的なコスト低減をしたモデルですが、応答速度は1msと本格的。さらにドット抜け保証3年間は品質に自信ありの証。この高性能スペック機種がこの価格で手に入るなんて、いい時代になりましたね。

保証の充実した「低価格で高品質なモニターが欲しい」ワガママさんにおすすめ。

④ Pixio PXC279 ゲーミングモニター

圧倒的なコストパフォーマンスで世界中を驚かしている(僕の感想♪)Pixioのゲーミングモニター27インチです。解像度はFHDですがリフレッシュレートはなんと240Hz。Pixioはもっとゲームを普及させるためにお求めやすい価格を目指して立ち上げたゲーミングモニター専用メーカーです。

圧倒的なコスパ240Hz湾曲モニターでゲームにコミットしたい方にぴったりです。

⑤ Acer ED270UP2bmiipx ゲーミングモニター ディスプレイ

ノートPCでも有名なAcerのゲーミングモニターです。27インチのVAパネルでWQHDなのにリフレッシュレートはなんと170Hz。応答速度も1msと完璧です。目にやさしい機能も満載で長時間集中できます!フレームレスでスリム、且つ、スタンダードなデザインが何にでも合いますね。

人気のゲーミングブランドの高画質高速モニターでガチプレイしたい方はぜひ!

⑥ Pixio PXC277 ゲーミングモニター

PixioのWQHDゲーミングモニター27インチです。解像度WQHDでこの価格は企業努力に脱帽ですね。何かとコスパで話題のPixioですが、人件費などを徹底的に抑えてこの低価格を実現しており、歴史のある大企業ではマネできないでしょう。

高画質WQHDを最安で手に入れたい方は、軽視してはいけないメーカーですよ!

⑦ Pixio PXC325 ディスプレイ ゲーミングモニター

PixioのFHDゲーミングモニター32インチです。32インチなのに2度見してしまうほどの低価格にビックリしちゃうモデル。とは言え、ゲーミングとしての品質に妥協はなく、リフレッシュレートは165Hz、応答速度は1msと完璧。いや~、いい時代になったなー。

32インチのド迫力をめっちゃ低価格で手に入れたい人はぜひ!

⑧ AOC ゲーミング モニター C32G2ZE/11

AOCの31.5インチFHDゲーミングモニターです。ところでAOCをご存知だろうか?日本では他のモニターメーカーに比べてあまり知られていないかもですが、世界的な知名度はトップクラスで2019年の11月頃はゲーミングモニター市場で世界シェア1位に輝いている。本モデルは240Hz・0.5msなのにトップレベルの低価格を実現。買いやすい価格が間違いなくゲーミング市場を盛り上げているメーカーの一つと言える。

とにかく低価格でハイエンドゲーミングモニターが欲しい方におすすめ。

⑨ HUAWEI MateView GT ウルトラワイド曲面ゲーミングモニター

HAUWEIのゲーミングモニターは昨年かなり注目を浴びた印象で人気が出てきました。その中で、ひときわ目立つ存在がこの「HUAWEI MateView GT」です。34インチ ウルトラワイド曲面ゲーミングモニターでWQHDの高画質。リフレッシュレートは165Hzと高速で応答速度は4msと普通に楽しむには十分。そして「デュアルスピーカーサウンドバー」を搭載しており高音質と評判でプロ審査の賞も獲得。スマホメーカーでもあるHAUWEIの技術の結晶とも言える。

後付けスピーカー不要でスッキリと高解像度大画面を決めたいのならコレ!

⑩ LG ゲーミング モニター UltraGear 34WP60C-B ウルトラワイド

近年、34インチのウルトラワイドモニターが人気急上昇中。デュアルディスプレイでワイド画面を作る時代は終わりましたね。そして、液晶パネルメーカーでもある人気メーカーLGがまさかの価格で発売。業界が力を入れているのがよく分かりますね。このモデルはリフレッシュレート160Hzで応答速度が1msと完璧!超高画質ウルトラワイドモニターがこの価格で買えるなんていい時代になりました。

超ワイド画面でも妥協のないゲーミングモニターが欲しいならぜひ!

まとめ.湾曲ゲーミングモニターならもっと没入できる

目のカーブに合わせた湾曲がゲームの没入感を向上させるのは容易に想像できたかと思います。

また、初めての人でもすぐに慣れて違和感すら感じないケースがほとんどです。

没入感を一層向上させる湾曲型モニターはゲーマーのためのモニターと言っても過言ではありません。

没入できるとゲームはもっと楽しくなるね

レイ君

実際、多くのプロゲーマーから支持されているBenQ MOBIUZシリーズからも湾曲ウルトラワイドモニターが発売されました。サブウーハー付きの2.1ch treVolo高音質スピーカー内蔵なので高級モデルですね。

この機種はリモコンが付属していて便利だよ♬

レイ君

そのぐらい湾曲ゲーミングモニターは今後も注目されるでしょう。

ぜひ、ゲームにフルコミットしたい方は検討されてはいかがでしょうか。

では、一層ゲームライフが楽しくなることを祈っております。
じゃあ、またね。

すべては全集中のために♬

モニターアームは自由自在にモニターの位置を簡単に移動できる便利アイテム。机上をスッキリできて、PC作業やゲームなどシーンによって素早く調整可能。AmazonベーシックはエルゴトロンのOEMだから高品質なのに低価格で大人気!

手元を明るく照られてくれるバーライトもモニターの定番アイテムになってきました。中でもこのBenQ製の評価が高い。さすがモニターメーカーが開発したモデルですね。

BenQ ScreenBar Plus モニター掛け式ライトスクリーンバー プラス [ デスクライト monitor lamp]
BenQ

また、モニターには外部スピーカーが必要です!モニターの内蔵スピーカーなんて今やスマホ以下の低音質ですよ。デザイン性・音質・操作性すべてが高レベルの「Edifier G2000」ならゲーミング環境をワンランク上げてくれる♬

そして、ガチならゲーミングヘッドセットは必須。初心者がやりがちな2~3千円の安物買ったらあかん!セールでも5千円以上だって。例えば「Razer BlackShark V2」なら着け心地と操作性が快適な上、敵の足音も聞こえちゃうレベル♪ちなみにこのモデルはUSBサウンドカード付なのでオプション不要でPC接続が可能。初心者なら満足度100%です!

PS5最新情報!

待ってたぜ!ついにSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のCEO(一番偉い人)が海外のイベントでPS5(PlayStation 5)の世界的な在庫不足が解消されたと発表!

レイ君
レイ君

しかも新型(2000番台)は一回りスリムになったよ♬

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥66,980(2024/06/13 11:07:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥65,498(2024/06/13 11:07:40時点 Amazon調べ-詳細)