Amazonモニター売れ筋ランキング

4Kでゲームするなら32インチモニターが快適【使い方とおすすめ3機種を紹介】

 

こんにちは。

もしかして、ゲーム目的で4Kの32インチモニターにしようか迷っていませんか?

でもさー、さすがに32インチって大きすぎないかな?

レイ君

たしかにゲーミングモニターはPCモニターと兼用で使う人が多く、パソコンデスクに置いてPC作業をすると、32インチは大きく感じます。

なぜなら、モニター全体が自分の視野の中に納まりきらないから大きく感じる訳です。

とは言え、じつは使い方・考え方次第で全く大きいとは感じません。

なにを言っているのかよく分からないよ。くわしく説明して

レイ君

今回、ゲーム用の32インチ4Kモニターの使い方・選び方を解説します。最後におすすめの機種も紹介するね。

 

本記事の内容

  • 4K解像度の魅力が正確に理解できる
  • 4Kの32インチが大きく感じない使い方が分かる
  • 32インチ4Kゲーミングモニターのおすすめ機種がわかる

 

本記事では「エンジニア × モニターオタク」の僕が、「PCやモニターに詳しくない方にも理解できる」をモットーに分かりやすく説明するよう心掛けています。

 

筆者の自己紹介

最近は仕事でもプライベートでも四六時中モニターに向き合っている方が増えてきましたが、この記事を書いている僕もその一人。パソコン歴35年の僕はPCを扱う業界に身を置き、仕事でも沢山のモニターを購入してきました。その知識を活かしつつ、本ブログにてモニター選定で困っている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

まずは解像度4Kの魅力を正確に理解しよう!

モニター選びで重要なスペックとして解像度があります。あなたは解像度4Kって正確に説明できますか?

えっと、すごく映像がキレイだよね・・・

レイ君

めっちゃ高画質的なザックリとしたイメージだけでモニターを買う人は少なくありません。モニターを買う際、スペックの意味をある程度しっかり理解した上で購入することは、後悔しない為に重要なことです。

でも、あんまり難しいと理解できないかも・・・

レイ君

そこで簡単に分かりやすく解像度を説明します。モニターの世界でスタンダードな解像度はFHD(フルHD)です。今でこそ普通の解像度ですが、FHDが出た頃はこの高解像度に驚きました。

じゃあ、4Kってどれだけ高解像度なの?

レイ君

解像度とは、液晶パネルに並べられたドット(画素)の総数で、「横の画素数 × 縦の画素数」で表します。イメージは下図の通り。

そして、4KとFHDの解像度(数値)を表で比較します。

解像度の比較

(横) × (縦)
4K 3840 × 2160
FHD 1920 × 1080

この比較をイメージ図で表すと以下のようになります。

気付きましたね。4KはFHDの4倍の解像度になります。つまり、同じモニターサイズでFHDから4Kに変更すると、ドットの大きさは4分の1になる訳です。さらにドットがきめ細かくなるため、超高画質な映像を表現できるのです。

32インチが大きすぎと感じない使い方はたった2つ!

さて、32インチは「大きすぎ」ではとよく言われます。各モニターサイズと比較すると以下のようになります。

上記の通り、32インチが圧倒的に大きいことが分かります。対角の長さで約81cmの32インチはPCモニターとしては確かに大きいです。

とはいえ、正直それは単純な発想でしかなく、使い方でまったく問題がなくなる。本当にシンプルですが2つの使い方・考え方があります。

へー、どんな考え方なの?

レイ君

1つ目は、16インチFHDモニターを4つ並べたと思えばよい。トレーダーの方など、モニターアームを駆使して4つモニターを並べた状態を見たことあるでしょ。まさにあれで、小さいモニターを4つ並べたと思えば、モニター全体が視野に入るか気にする必要なしです。(ちなみに15インチはノートPCとして結構大きなサイズです)

なるほどね、もう一つは?

レイ君

2つ目は、もっと単純で、モニターから離れればいい。全体の視野が無理なく入る距離感を作ればよいってこと。だって、PC作業のようにキーボードやマウスを使わない遊びであれば離れることは出来るよね。ちょっと離れてのPS5やPS4、Switchを使ったゲームや映画鑑賞なら、32インチ4Kは最適ですよ。

32インチ4Kモニターはゲーム用として成立するのかスペックをチェック

もちろん、32インチ4Kモニターの最大のメリットは、超高画質映像を表現できる超高解像度スペックであること。

では、他のスペックはどうかチェックしてみましょう。ゲーミングモニターとしてチェックすべき項目は以下4つです。

  • リフレッシュレート
  • 応答速度
  • 液晶パネルの種類
  • HDR機能

では、それぞれ深掘りして分かりやすく説明します。

リフレッシュレート

リフレッシュレートとは1秒間に何枚の画像を表示できるかを表すスペックで、32インチ4Kモニターのリフレッシュレートは60Hzがほとんどです。

あの~、よく分からないけど60Hzって速いの?

レイ君

ゲーミングモニターの世界では144Hzや240Hzがある中、決して60Hzは速いとは言えません。デメリットと思われそうですが、4Kの場合、モニターを24インチや27インチにサイズダウンしても60Hzを超えるモニターはほとんど存在しません。ようするに解像度を4Kに上げると技術的にリフレッシュレートを上げにくい訳です。

よって32インチの4Kゲーミングモニターは60HzでOKとなるわけです。

応答速度

応答速度とはざっくり説明すると色の変化に要する時間のことで、応答速度が速いと残像が発生しにくくなります。近年、ゲーミングモニターとしての応答速度は1ms以下が当たり前の時代になりました。

じゃあ、1msを選べばいいのね!

レイ君

しかし、32インチ4Kでは1msのモニターはほぼ存在しません。これもデメリットと言われそうですが、リフレッシュレートが60Hzなのに応答速度だけ速くても意味ないですよね。でも1msって、FPSなど本当にガチで勝つためのゲームをしている人向けで、正直、普通に楽しむなら5msでもかなり高速です。

液晶パネルの種類

液晶パネルの種類には大きく分けて3つあり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

パネルの種類 特徴
IPS 視野角が広く色再現性も高いので画質がとてもキレイ。映画鑑賞としてベスト!最近はゲーミングモニターとしても多く採用されている。どうしても価格が高くなるのがデメリットですね。※ADSパネルもほぼIPSと同じと思ってOK。
VA 画質はIPSとTNの中間的存在。視野角はIPSよりは狭いけど気になるレベルではないかと。コントラストが他のパネルより高く黒の再現が抜群なので映画にも最適。
TN リフレッシュレート・応答速度共に速く表示できる。その代わり視野角な狭いのがデメリット。他のパネルより画質は劣るが価格が安くゲーミングモニターとして一番採用されている。
へー、どれを選ぶか迷うなぁ

レイ君

しかし迷う必要はありません。4Kは映像の美しさを楽しみたいので、「IPS」又は「VA」を選びましょう。とは言え、32インチ4Kモニターのほとんどがコストパフォーマンスを上げるために「VA」が採用されています。「VA」はコントラストが優秀で黒の再現性が高いので、ゲームだけでなく映画鑑賞にも最適です。

また、32インチは大きいモニターなので家族や友達と遊ぶことが多いでしょう。その場合「TN」は視野角が狭く、みんなが美しい映像を観れないので注意しましょう。「TN」は一人用の液晶パネルと言っても過言ではないですね。

HDR機能

せっかくの4Kと言う超高画質なので、画質をアップする機能はさらに欲しいところ。HDR機能は、「ハイ・ダイナミック・レンジ」といって、黒潰れや白飛びを極限まで無くした美しい映像を表現できる技術です。

俺のスマホのカメラにもHDRあるぞ!そう言う意味だったのか

レイ君

映画はもちろん、ゲームもHDR対応の作品が普通に発売されてきました。クリエイターがこだわって作った最高な映像をHDRで楽しめるわけです。技術はどんどん進化していきますね。
もうちょっと詳しくHDRのことを知りたいって方はこちらの記事「モニターにHDRって必要?HDRの必要性を分かりやすく解説!」をよろしければどうぞ。

 

32インチの4Kゲーミングモニターおすすめ3選!

それでは、32インチ4Kゲーミングモニターを紹介します。

まず、お伝えしたい事として、全機種、「ゲーミングモニター」と言う商品名ではありません。「ゲーミングモニター」は75Hz以上から呼ぶことが多いようです。しかし、すべての機種がゲームで使用されることも前提として開発されています。たとえば、FreeSync機能。FreeSyncはゲーム機本体とモニター間で同期をとって映像の乱れ(ティアリングやスタッタリング)が起きないようにする技術です。

ロールプレイング系の超高画質ゲームなら最高の映像を楽しめちゃいます。

まずは以下の比較一覧表をご覧ください。
もちろん、全機種「32インチ」「4K」です。
※スマホでは表を指でスライドしてみてね。
※価格は日々変動しています。

メーカー モデル リフレッシュレート 応答速度(MAX) パネル種 HDR 価格
BenQ EW3270U 60Hz 4ms VA 約4.5万
I-O DATA EX-LD4K321VB 60Hz 3ms VA 約5.0万
LG 32UL750-W 60Hz 4ms VA 約5.8万

厳選してみて気づいたけど、僕だったらやっぱり「① BenQ EW3270U」が一番おすすめですね。だって、かなりのマニアでない限り③のHDR600は要らないはず!って言うか①はお値段以上のパーフェクト仕様だからおすすめしない理由が見つからないよ♬

では、それぞれ簡単に解説します。

① BenQ モニター ディスプレイ EW3270U 31.5インチ

目をいたわる機能がハンパないBenQのモニター。独自のアイケア技術で、ブルーライト軽減やHDRによる過度な明るさを抑え、徹底的に目にやさしい映像を表示。FreeSync対応で流れるようなゲームプレイを体感できちゃうのもGood。USB Type-Cも搭載だよ。

僕のように本気で「目をいたわりたい派」はガチであり。

②I-O DATA 4K モニター EX-LD4K321VB 31.5インチ

モニター販売で長年の実績があるI-O DATAの31.5インチ4Kモニターです。VAパネルなので視野角も広く家族で映画鑑賞にも向いてます。本モニターはHDMIポートを3つ搭載しているため、多くの機器を接続したい場合便利。

ディスクトップPC・ノートPC・ゲーム機などHDMIで沢山接続したい人向けですね。

③LG モニター ディスプレイ 32UL750-W 31.5インチ

液晶パネルメーカーとしても有名なLGの31.5インチ4Kゲーミングモニターです。60Hzなので、応答速度4msでも十分速い。FreeSyncにも対応しゲーミングとしっかり意識して開発されています。HDR600で美しさは圧巻。近年、映像インターフェースとして増えてきたUSB Type-C搭載は便利ですね。

液晶パネルメーカーがガチで開発した4K32インチを使ってみたい人にぴったり!

 

【まとめ】4Kなら32インチモニターで超高画質ゲームを堪能しよう♬

いかがでしたでしょうか。

テレビなら40・50インチは当たり前の時代なのに、モニターは32インチが「大きすぎ」って思われる不思議な世界です。

でも、4Kなら32インチは迫力があって没入できるのでゲーミングモニターとして魅力ありですよ。

発売された新型ゲーム機PS5も標準で4K対応となりました。

FPSのようなバトロワ系ゲームをガチでやらないなら、これから主流となるであろう解像度4Kを楽しんでほしいです。

じゃあ、FPSで勝つゲーム目的の人はどうすればいいの?

レイ君

本気で勝ちたいなら、迷わず、FHDをおすすめします。FPSは正直、プレイが忙しすぎて超高画質を楽しむ余裕などありません。それより、リフレッシュレート・応答速度にこだわり、誰よりも早く敵の動きに気付くことが重要です。興味のある人はこちらの記事を参考にどうぞ。

PS5用おすすめゲーミングモニターはFHD・144Hz/4K・60Hzがベスト!【WQHD解像度は非対応】

お互い、最高の環境を手に入れてゲームに映画鑑賞など、堪能しましょう♬

最後までお読みいただきありがとうございました。じゃあ、またね。