ゲーミングモニター12社の特徴を解説

24インチ・27インチどっちが最適?仕事用モニターのおすすめサイズを解説!

こんにちは!

モニター選びでこんな風に迷っちゃう人をよく見かけます。

  • 仕事用にモニターを選びたいけど・・・
  • 24インチと27インチどっちがいいか迷っちゃうよ
  • 大は小を兼ねるで27インチにしちゃおうかな!

気持ちは分かりますが、このような単純な思考でモニターを購入すると過去の僕のように後悔することになります。

現代において仕事のスタイルはオフィスだけではなく、在宅でのテレワークも当たり前の時代となり、ディスプレイの選定は冷静に行うべきです。

レイ君
レイ君

じゃあ、仕事用のモニターって24インチと27インチどっちを選べばいいの?

今回、モニター選びで誰もが迷うであろう24インチ・27インチどっちにするか問題にお答えします。

本記事で分かること
  • 24インチと27インチの違いが正確に理解できる
  • 24インチ・27インチどっちを選べばいいか分かる
  • 仕事用におすすめのモニター機種が分かる

結論を先に言っちゃうと、仕事用モニターとしては、基本的に24インチがおすすめ。しかし条件がそろえば27インチもあり。

ぜひ、自分の仕事のスタイルにあったモニターを見極めてくださいね。

筆者の自己紹介

最近は仕事でもプライベートでも四六時中モニターに向き合っている方が増えてきましたが、この記事を書いている僕もその一人。パソコン歴35年の僕はPCを扱う業界に身を置き、仕事でも沢山のモニターを購入してきました。その知識を活かしつつ、本ブログにてモニター選定で困っている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

仕事用のモニターは24インチ・27インチどっちが最適?まずはサイズ比較で大きさを理解しよう

現代において最も売れているPCモニターのサイズは24インチです。なぜなら、オフィスで使用するのに使いやすいサイズとして各メーカーが開発に力を入れてきたから。実際、FHDの24インチは27インチの約2倍ほど機種が存在します。

とはいえ、24インチと27インチのどちらを選ぶかは、仕事の効率に少なからず影響がでます。

レイ君
レイ君

じゃあ、どっちが仕事に最適か早く答えを教えてくれ!

まずは、自分で正しい選択をできるように、24インチと27インチのサイズの違いを正確に理解しましょう。サイズと言っても以下2つの長さ(距離)のことです。

  • 液晶パネルの寸法
  • ディスプレイまでの距離

簡単にそれぞれを深掘りして説明します。

液晶パネルの寸法

カンのいい人なら、ちょっと違和感を感じていませんか?

説明するのは「モニター本体の寸法」ではなく「液晶パネルの寸法」です。

レイ君
レイ君

何で液晶パネルの寸法なの?

じつは意外と知らない人が多いのですが、24インチや27インチって言うのは、モニター本体の大きさではなく液晶パネルだけの大きさのことです。

実際のサイズの違いを比較すると以下の感じ。

実際に重ねた雰囲気はこんな感じ。

まめ知識

上図でモニターのサイズを対角線の長さで表現していますが嫌がらせではなくて、モニターの大きさを表すインチって言うのは液晶パネルの対角の長さのことなんです。横幅ではないので勘違いしないように。覚えておきましょう。

対角の長さで約7.5cmの差となり、ビックリするほどの違いを感じないかもですが、実際にテーブルに置いてみると27インチの方が明らかに迫力があります。

ちなみにモニター本体の寸法は、ベゼル(液晶パネル周囲のフレーム)の太さによって変わるため注意が必要です。

ディスプレイまでの距離

もうひとつモニター購入にとって理解してほしいこととして、ディスプレイまでの距離があります。

レイ君
レイ君

えっ、どういうこと?もうちょっと分かりやすく教えてよ

ようするに目からモニターまでの距離のことです。

モニターのサイズによって、適切なモニターまでの距離が存在します。ちょっと考えれば分かると思いますが、たとえば32インチのモニターをパソコンデスクに置いたら大きすぎて、パソコン操作がやりにくいと思いませんか?

モニター全体を見渡せる距離が仕事をストレスなく行なう上で最適です。僕が使用していて無理のない距離が以下の感じ。

サイズモニターまでの距離
24インチ60cm~80cm
27インチ70cm~90cm

パソコンデスクやテーブルの奥行にもよりますが、このぐらいの距離を確保できる環境が必要です。とはいえ、全体を楽に見渡すには24インチの方が圧倒的に楽なことはお伝えしておきます。

仕事用モニターのおすすめサイズとは【結論】仕事のスタイルで24・27どっちにするか選ぼう

24インチと27インチのサイズの違いが分かったところで、まず、あなたの仕事のスタイルとして、27インチを設置するスペースはありますか?

レイ君
レイ君

ん〜、どのくらいの大きさの机なら27インチはOKなの?

PC本体も置くことを想定すると、横幅90cm以上、奥行60cm以上は欲しいですね。とくに奥行きは重要で、モニターまでの距離がしっかりないと近すぎて目や首を多く動かすため疲れやすい。

例えば、僕が使用しているこちらのテーブルなら、スペースも十分で快適です。

よって、スペースがないなら24インチを迷わず選びましょう。また、基本的には24インチの方が全体を見渡すのも楽であり集中して作業できます。

レイ君
レイ君

じゃあ、27インチはどんな仕事のスタイルに最適なの?

27インチの優位性はその大きさにあります。

27インチ画面はA4用紙縦向きがスッポリ収まる大きさなので、ExcelやWordなどで書類を作成した際、印刷しなくてもプレビュー画面で実際の雰囲気を確認できます。

また、A3用紙横向きも収まるので、資料作成の確認には効率がよい大きさと言えます。

ただし、1点注意すべきこととして、「27インチは画面が広く作業性が上がるよ」と説明する店員さんがいますが、その説明だけでは間違ってます。

同じFHDで24インチから27インチに変更しても、文字の大きさは大きくなりますが、表示できる量は全く変わりません。

たくさんのウィンドウを開いて作業性を上げたければ、WQHDへ解像度を上げるか、もしくはモニターを増設するかどちらかになります。

※4Kは文字の大きさが小さすぎて、文章を書くような仕事用としてはおすすめしません。

よって、27インチがおすすめな人は以下3つのパターンです。

  • 解像度FHDで文字を見やすくしたい
  • 作成資料を原寸大で事前に確認したい
  • 解像度WQHDで作業効率を上げたい

上記のどれかに利点を感じるのであれば、あなたにとって27インチは仕事を快適にする最高の選択となるでしょう。

仕事を快適にする24インチ・27インチおすすめモニター5選【在宅・テレワークもOK】

それでは、仕事用におすすめのモニターを5機種紹介します。

まずは以下の比較一覧表をご覧ください。

※スマホでは表を指でスライドしてみてね。
※モデルにタッチすると詳細説明位置にジャンプするよ。
※価格は日々変動しています。

Noモデルサイズ解像度パネル高さ調整
回転調整
接続規格スピーカー価格

Dell S2421HS
24インチFHDIPSありHDMI×1
DP×1
なし約2.2万

LG 24BL650C-BAJP
24インチWQHDIPSありHDMI×1
DP×1
USB-C×1
あり約2.3万

Dell S2721HS
27インチFHDIPSありHDMI×1
DP×1
なし約3.3万

BenQ GW2785TC
27インチFHDIPSありHDMI×1
DP×1
USB-C×1
あり約3.5万

Dell S2722DC
27インチWQHDIPSありHDMI×2
USB-C×1
あり約4.1万

上記のとおり、仕事用として5機種をガチ厳選しました。

今回のこだわりとして、仕事っていろんな作業やスタイルがあるから、オールマイティに対応できるよう全ての機種に「高さ調整」と「回転調整(ピボット)」機能が付いているモニターに限定。

レイ君
レイ君

安いモデルは大抵「高さ調整」と「回転調整」が付いてないよ

また、最近増えてきたUSB-C搭載のノートPCが接続できるモデルも選定の仲間に入れました。

よって、「サイズ」「解像度」「接続規格」に着目して仕事のスタイルにあったモデルを選びましょう。

ちなみに作業効率を上げたければ、ちょっと高価ですが「⑤Dell S2722DC」がイチオシですね。

では、それぞれ簡単に特徴を解説します。

① Dell S2421HS 23.8インチ モニター

モニターに定評のあるDellの23.8インチFHDモデル。フレームレスデザイン・IPS非光沢・フリッカーフリー・ブルーライト軽減とすべてが完璧。さらに縦横回転・高さ調節もあってこの低価格はお得すぎ。スピーカーが内蔵していませんがオフィスでの使用では要らない人も多いはず。また、Dellがスゴイのは「3年間無輝点交換保証」と言うドット抜けがあれば交換してくれるサービス。品質に自信ありの証ですね。

メーカー保証がしっかりした高性能・低価格モニターが欲しい方におすすめ!

どうしても、スピーカーが欲しい人は「Dell S2421H」を選びましょう。ただし、高さ調整・回転調整はありません。

② LG 24BL650C-BAJP フレームレス モニター ディスプレイ

モニター液晶パネルも製造しているLG製23.8インチFHDモニターです。フレームレスですがオーソドックスなデザインがどの環境でも合いますね。もちろんフリッカーセーフ、ブルーライト低減機能を搭載したIPSパネルで長時間使用も安心。特筆すべきはUSB-Cの接続端子を搭載しており拡張性が高いです。ノートPCの増設用としてもおすすめです。

液晶パネルメーカーがこだわって開発したモニターに興味がある人はぜひ。

③ Dell S2721HS 27インチ モニター

Dell製の27インチFHDモニターです。Dellの最大の特徴は何といっても、ドット抜けがあったら交換してくれる「3年間無輝点交換保証」でしょう。もちろんフリッカーフリー・ブルー ライト低減機能を搭載し基本性能はバッチリ。ただし本機は輝度自動調整機能がありません。スタンドがシャープでカッコイイですね。

有名メーカーの「ドット抜け保証」がある27インチ高品質FHDモニターが欲しい方はぜひ。

④ BenQ GW2785TC アイケアモニター

商品名にある通り、働く人のためのBenQ製アイケアモニターです。特徴的なのは次世代接続規格であるUSB-Cを採用しているところ。また、ノイズキャンセリングマイク内蔵なので、Webカメラさえ用意すればすぐにテレワークが可能です。画面の高さや回転もできるので用途も広くまさに仕事用にピッタリのモニターですね。

仕事用として完璧な27インチFHDモニターを欲しい方にはイチオシです!

⑤ Dell S2722DC 27インチ モニター

モニターに定評のあるDell。本製品は27インチの解像度がWQHD。HDRは無いものの、フレームレス・IPS非光沢・ブルーライト軽減とスペックに一切の妥協無し。またモニターの高さ調整や回転ができ、どんなスタイルにも合わせられます。もちろんDellの「3年間無輝点交換保証」と言うドット抜け交換サービスにも対応。USB-C接続にも対応しており完璧なため、おすすめしない理由が見つからないです。

最高級の27インチWQHDモニターが欲しい方は軽視してはいけないモデルですよ!

ただし、USB-Cはいらないって方には「Dell S2721DS」方が安くておすすめです。

まとめ.ジョブスタイルに合ったモニターで効率よく仕事をしましょう!

今回は仕事用モニターとして24インチか27インチどっちがいいか解説しました。

大事なのは、大きさの違いをしっかり把握し、ジョブスタイルにあった方を選ぶこと。

レイ君
レイ君

大は小を兼ねるみたいに決めないこと!冷静に判断しようね♬

仕事は会社のオフィスだけでなく、リモートワークにて自宅で働く人も増えてきており、益々、モニター選定の重要性が高くなってきたなぁと感じています。

ちなみに外部スピーカーが欲しいなら「Bose Companion 2 Series III」がイチオシですが、予算オーバーであれば「Creative Pebble」が安いけど音質はお値段以上♬

もし、お気に入りのモニターが見つかったのなら幸いです。

では、お互い最高のモニターで仕事も遊びも楽しんで行きましょう♬

じゃあ、またねー!

Amazon裏技的利用法♬

Amazonチャージってご存知でしょうか?自分アカウントにあらかじめギフト券としてチャージするだけで最大2.5%のポイントがもらえちゃう。

そのギフト券で普通に支払いできるので手間なし。ポイントもらえば実質割り引きみたいなもんだから、知ってる人だけの裏技ってわけ♬

Amazonチャージの詳細はこちら

すべては全集中のために♬

モニターアームは自由自在にモニターの位置を簡単に移動できる便利アイテム。机上をスッキリできて、PC作業やゲームなどシーンによって素早く調整可能。やはり高品質「エルゴトロン」がAmazonベストセラーNo1で人気ですね!

Amazonでエルゴトロンをチェック

また、モニターには外部スピーカーが必須ですよ!モニターの内蔵スピーカーなんて今やスマホ以下の低音質だから。でもね、2~3千円のじゃあ意味ないよ。最低でもBoseの「Companion 2 Series III」レベルの音質は欲しいでしょ♬

AmazonでBose Companion 2 IIIをチェック

もう少し予算とスペースがあるなら「Edifier R1700BT」にすると立派なサウンドルームになる♬

AmazonでEdifier R1700BTをチェック

もう普通のイスには戻れないよ・・・

1万円台のゲーミングチェアを買ってみたら「お値段以上」だったのでレビューを書いたよー。ゲームはもちろんPC作業でも、普通のイスを使っている人は一度読んでいただけると「ゲーミングチェアのイロハ」が3分で理解できるよ♬

1万円台の安いゲーミングチェアを使った感想 → 割とよい【1万円以下はおすすめしない】

1万円台の安いゲーミングチェアを使った感想 → 割とよい【1万円以下はおすすめしない】