Amazonモニター売れ筋ランキング

【コスパ最高】安い144Hzゲーミングモニターおすすめ7選【ガチなゲーマー向け】

 

こんにちは!

まさにゲームの世界はワールドワイドになり、戦国時代に突入したと言えるでしょう。インターネットで世界中の人と繋がりFPS・TPSをはじめとした一瞬を争うゲームも増えてきました。

僕も勝つためにゲーミングPCを買うよ

レイ君

ゲームに勝つためには高性能PCやゲーム機だけでなく、その周辺機器もこだわる必要があります。その中でもモニターの選定はとても重要で、ゲーミングモニターと言われるゲームに特化したディスプレイが必要です。

モニターなんて表示すれば、どれでも同じでしょ?

レイ君

ざっくり説明すると、性能の低いモニターでは表示遅延が起きるので敵の動きに気付くのが遅くなり、結果負けてしまうでしょう。

結論を先に言っちゃうとゲーミングPCや高性能ゲーム機には最低でも144Hzのゲーミングモニターが不可欠です。

でも、かなり値段が高そうだなぁ

レイ君

今回、そんな人の為に安くて高性能なコスパ最強おすすめ144Hzゲーミングモニターを紹介したいと思います。

 

本記事の内容

  • 144Hzゲーミングモニターを使うべき理由が分かる
  • 安くてコスパ最高なゲーミングモニターおすすめ機種が分かる

 

筆者の自己紹介

最近は仕事でもプライベートでも四六時中モニターに向き合っている方が増えてきましたが、この記事を書いている僕もその一人。パソコン歴35年の僕はPCを扱う業界に身を置き、仕事でも沢山のモニターを購入してきました。その知識を活かしつつ、本ブログにてモニター選定で困っている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

144Hzゲーミングモニターを使うべき理由をわかりやすく解説

じゃあ、さっそく144Hzのゲーミングモニターを紹介して!

レイ君

その前にあなたのゲーミングPCやゲーム機でフレームレートはいくつまで出せますか?

フレームレート?そんなの気にする必要あるの?でもゲーム専用機なので、たぶん高性能でしょ!

レイ君

もしフレームレートが60fpsしか出ないマシンなら144Hzのゲーミングモニターを買っても無駄な出費をすることになります。

ポイント

ゲーム機の場合、PS4やSwitchのフレームレートが60fps。最新ゲーム機であるPS5が120fpsです。

フレームレートとは1秒間に何枚の画像を出力できるかを表していて、60fpsなら60枚、120fpsなら120枚もの画像を高速で映像出力しています。

その映像を表示するためにはモニターのリフレッシュレートと言われるスペックが重要。リフレッシュレートは1秒間に何枚の画像を表示できるかを表し、単位は周波数であるHzです。学校で習ったよね?

えっ、習ったかな・・・

レイ君

分かってきたと思いますが、144Hzのゲーミングモニターならフレームレート144fpsまでの映像を取りこぼしなく表示できるわけです。

百聞は一見に如かずです。以下の動画をご覧ください。

1秒間にたくさんの画像を表示できると言うことは、人の目にはヌルヌルに動いて見え、一瞬の敵の動きにも気付きやすくなります。

だから、ゲームで勝つためには60Hzではなく、表示遅延が少ない144Hz以上のゲーミングモニターを使うべきなのです。

 

補足説明

応答速度」とはざっくり説明すると色の変化に要する時間のことで、単位は「ms(ミリセカンド)」と表し、1msは1/1000秒のことです。

この応答速度が短ければ、色を高速に変えられる。逆にこの数値が大きい(時間が長い)と高速に動くゲームでは残像が出やすくなります。

よって、数値が小さければ小さいほど高性能となるわけで、1ms以下ならかなり高速と思ってOK!

もうちょっと応答速度について詳しく知りたいって方はこちらの記事をどうぞ。

ゲーミングモニターの応答速度ってそんなに重要なの?勝ちたいなら1msがおすすめ!

また、「FreeSync・G-SYNC」とは、簡単に言うと映像を「出力する側の機器」と「入力する側の機器」が同期する機能のことです。FreeSyncはAMD社、G-SYNCはNVIDIA社の技術ですが、ほぼ目的は同じと思ってOK。

もちろん、PC側のグラフィックボードが対応している必要があるから注意してね。

【コスパ最高】安い144Hzゲーミングモニターおすすめ7選【ガチなゲーマー向け】

それでは、コスパの良い安い144Hzゲーミングモニターを一覧表で比較しつつ紹介します。

選定条件として、僕の中でほぼ無名に近いメーカーは除外し、しっかり評価もされているメーカー品のみに厳選しました。

っと、その前に液晶パネルには大きく分けて3種類あり、それぞれの特徴を簡単に理解しておきましょう。

パネルの種類 特徴
IPS 視野角が広く画質がとてもキレイ。最近はリフレッシュレートが速いモニターも増えてきたがTNよりは応答速度は若干遅い。どうしても価格が高くなるのがデメリットですね。
VA 画質はIPSとTNの中間的存在。応答速度は速いが、視野角はIPSよりは狭い。コントラストが他のパネルより高いのが最大のメリット。
TN リフレッシュレート・応答速度共に速く表示できる。その代わり視野角な狭いのがデメリット。他のパネルより画質は劣るが価格が安くゲーミングモニターとして一番採用されている。

紹介するゲーミングモニターで低価格の24インチはほどんどTNパネルです。なぜなら、TNパネルが一番低コストで作れるから。それにプロゲーマーは一人で黙々とプレイするため視野角が広い必要もない。

要するにひとりで勝つためのモニターとして、TNパネル以外は贅沢品とも言える。決して負け惜しみではない。

でもやっぱり、視野角や色再現性にもこだわりたい人はVAやIPSパネルを検討しましょう。IPSパネルを使ったモニターはこちらの記事でも紹介しています。

PS5の能力を最大限で使うゲーミングモニターおすすめ3選【WQHD以上で144Hzが最適条件】

また、HDRとはハイダイナミックレンジの略で、通常より広い明るさの幅で表示できる技術のことです。簡単に説明すると、明るいところが白く飛んだり、暗いところが黒くつぶれたりすることなく、たくさんの階調で自然でリアルな映像を表現できる。

ただし、出力するPCやゲーム機、ソフトも対応している必要があります。

 

まずは、紹介する全機種の共通スペックはこちら。

全機種共通スペック

・リフレッシュレート:144Hz以上

では、以下のモニター比較一覧表をご覧ください。
※スマホでは表をスライドしてみてね。

解像度 サイズ No メーカー モデル パネル リフレッシュレート 応答速度 HDR 価格
FHD 24インチ Dell S2421HGF TN 144Hz 1ms 約2.2万
BenQ ZOWIE XL2411K TN 144Hz 1ms 約2.7万
ASUS VG258QR-J TN 165Hz 0.5ms 約2.7万
27インチ Dell S2721HGF VA曲面 144Hz 1ms 約3.2万
BenQ MOBIUZ EX2710S IPS 165Hz 1ms 約3.7万
WQHD 27インチ Acer VG271UPbmiipx IPS 144Hz 1ms 約5.0万
BenQ EX2780Q IPS 144Hz 5ms 約5.0万

それぞれ、簡単に解説します。

①【FHD・24インチ】Dell S2421HGF ゲーミングモニター

モニターに定評のあるDellの144Hzゲーミングモニター23.8インチです。FHDのTNパネルを使用し徹底的なコスト低減をしたモデルですが、応答速度は1msと本格的。TNパネルなので視野角は狭いですが一人でやるなら十分。この高性能スペック機種がこの価格で手に入るなんて、いい時代になりましたね。

とにかく一人でゲームに没頭できる「低価格なモニターが欲しい方」におすすめです。

②【FHD・24インチ】BenQ ZOWIE XL2411K ゲーミングモニター

BenQのゲーミングモニターZOWIEシリーズのFHD・24インチです。144Hz/1msなのでゲーマー用として必要十分な性能。残像を極限まで無くすDyAc(黒挿入)技術搭載でこの価格は頑張りすぎやろ~♬

プロゲーマも使うモニターで勝つゲームをガチでやりたい人はぜひ!

③【FHD・24インチ】ASUS ゲーミングモニター VG258QR-J

ASUSのFHDゲーミングモニターで正確には24.5インチです。なんとリフレッシュレートは165Hz、応答速度は0.5msとワンランク上の性能。しかも、この内容で3年保証まで付いている♬

24インチでワンランク上のスペックモニターを使ってみたい方はぜひ!

④【FHD・27インチ】Dell ゲーミング曲面モニター S2721HGF

PCでも有名なDellのゲーミングモニターFHD・27インチです。湾曲モニターを採用しており全てはゲームの為にって感じ♬しかもDellは品質に定評があり「3年間無輝点交換保証」と言うドット抜けを不具合とし交換してくれる神サービス付き。もちろん1ms/144Hzでゲーミングとして抜かりない。VAパネルなので視野角も割とよいが低コスト重視のようでHDRは付いてないよ。

湾曲・大画面でゲームに集中・没入したい人におすすめなモデルですね。

⑤【FHD・27インチ】BenQ MOBIUZ ゲーミングモニター EX2710S

やっぱりBenQのゲーミングモニターMOBIUZシリーズは外せません。FHD・27インチのIPSパネルでリフレッシュレートはなんと165Hz。応答速度も1msと完璧。しかもtreVoloスピーカー採用でモニターには珍しく音質もよく、何と言ってもこの価格でHDR対応。かなり満足度の高い一品ですね。

大画面・HDR高画質で一人だけでなく友達や兄弟で遊ぶのに最高のモデルだよね。

⑥【WQHD・27インチ】Acer ゲーミングモニター Nitro VG271UPbmiipx

Acerの人気WQHDゲーミングモニター27インチです。パネルはIPSでフレームレスデザイン。HDRにも対応しブルーライト軽減機能も搭載。WQHDでも応答速度は1msと完璧。僕の中では次に紹介するBenQのライバル的存在。

解像度WQHDでも応答速度まで完璧を求める派におすすめの逸品です。

⑦【WQHD・27インチ】BenQ IPS ゲーミングモニター EX2780Q

BenQのWQHDゲーミングモニター27インチです。BenQと言えば独自のアイケア技術で目の疲れをとことん軽減するところが嬉しい。ゲームって長時間プレイになりがちですからね。IPSパネルでHDR機能搭載。さらにサブウーファー付きの2.1chスピーカーでモニターとしては最高クラスの音質。応答速度は5msですが、正直言って十分速い!USB-C端子もあり次世代接続規格にも対応しており、正直イチオシです。

コスパ最高のWQHD・27インチで超高画質に酔いしれたい人におすすめっす。

【まとめ】144Hzゲーミングモニターでガチプレイしよう!

お疲れ様でした。

今回は、とにかく安くて高性能な144Hzゲーミングモニターを紹介しました。勝つために開発されたモニターであることが分かったでしょうか。

よく分かったよ♬

レイ君

特に注目のメーカーがDellでして、価格は他メーカーより一段安く品質もよい。また、BenQも搭載機能に対してこの価格ならコスパが最高ですね。

しかし、Amazon等ネットショップでは、あまり聞いたことの無いメーカーが激安で販売されています。安いからといって、そう言ったメーカー品に手を出すのは避けましょう。だって故障した際、まともに修理を受け付けてくれるかもナゾですよ。これは、失敗した過去の自分に言っています。

是非、信頼できるお気に入りのメーカー・機種を見つけて、ゲームに集中できる環境を作りましょう。もし、本記事がゲーミングモニター購入で参考になったのなら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。