Amazonモニター売れ筋ランキング

【神コスパ】安いけど高性能な144Hzゲーミングモニターおすすめ7選

  • 安い144Hzのゲーミングモニターが知りたい
  • とは言え、安かろう悪かろうで後悔したくない
  • やっぱり高性能な神コスパのモデルを見つけたい

ゲーミングの世界はヘッドセットやキーボード、マウスだって専用のアイテムを揃える必要があり、予算も膨れ上がります。

ゲーミングモニターも重要なアイテムの一つですが、出来るだけ安く購入して他のアイテムの資金を残したいのは当然ですね。

ゲーミングモニターなら144Hzがいいって聞いたけどコスパ最高な機種ってないの?

レイ君

この記事を書いている僕は技術者としてモニターを扱う業界に20年以上身を置き、仕事もプライベートも毎日モニターに向かう生活。しかしモニター購入で失敗も何度か経験しており、モニターにはちょっとうるさかったりします。

そんな僕が今回、144Hzのメリットとおすすめの安いゲーミングモニターを紹介します。

この記事を読めば「144Hzの優位性」を理解しつつ、安くても性能のしっかりしたゲーミングモニターを選択できるようになるでしょう。

とは言え、いくら安くても品質が悪くて後悔するような事態は避けたいですよね。
よって知名度のあるメーカー品で且つコスパが最高のモデルのみを紹介します。

では、どうぞ。

144Hzゲーミングモニターを使うべき優位性とは

ゲーミングモニターと言ってもリフレッシュレートには種類があり、代表的なものとしては以下4つ。

  • 75Hz
  • 144Hz
  • 165Hz
  • 240Hz
こんなにあったらどれを選べばいいか分からないよ

レイ君

答えを先に言うと、初心者であってもゲームに勝つことが目的なら「144Hz」以上を選びましょう。

いままで家庭用ゲーム機(PS4やSwitch)をテレビに接続していた場合、ほぼ間違いなく60Hz以下でした。

えっ、もしかしてゲームで勝てない理由がテレビにもあったのか

レイ君

じつは勝つことを目的としたゲーマー達は、120Hz以上出せるPS5やゲーミングPCを使い、最低でも144Hz以上のゲーミングモニターを使用しています。

なるほど、リフレッシュレートについて少し理解を深める必要がありそうだね

レイ君

リフレッシュレートとは1秒間に何枚の画像を表示できるかを意味していて、60Hzなら60枚、120Hzなら120枚もの画像を高速で切り替えて表示しています。
パラパラ漫画を想像すれば理解できるはず。そして単位は周波数であるHzです。学校で習ったよね?

えっ、習ったかな・・・

レイ君

勘のいい人なら分かってきたと思いますが、リフレッシュレートが速いほど情報量が多く映像がより滑らかに表示されるため、ゲームにおいて以下の優位性が高くなります。

・ゲーム相手より一歩早く画像が見れるため先手を打てる

百聞は一見に如かずです。以下の動画をご覧ください。

1秒間にたくさんの画像を表示できると言うことは、人の目にはヌルヌル動いて見え、一瞬の敵の動きにも早く気付くことができます。

だから、ゲームで勝つためには60Hzではなく、表示遅延が少ない144Hz以上のゲーミングモニターを使うべきなのです。

リフレッシュレート以外にチェックすべき項目とは

144Hzのゲーミングモニターを選ぶ際は、リフレッシュレート以外にもチェックすべき項目があります。

  • 画面サイズ
  • 解像度
  • 応答速度
  • ディスプレイパネルの種類
  • HDR

それぞれ簡単ですが、初心者にも分かりやすく解説します。

画面サイズ

画面サイズとは、モニターの大きさのことで単位を「インチ」で表します。「型」で表現することもあります。

PCやゲームで一般的に普及しているサイズは「22インチ」「24インチ」「27インチ」「32インチ」ですね。

よく間違った理解をしている方がいるので改めて説明しますが、この数値はモニター本体の大きさではなくて、液晶パネル(表示している部分)の大きさを表しています。

モニターの外形のサイズのことだと思ってたよ・・・

レイ君

しかも対角の長さのことです。意外と知らない人が多いのでこの機会に覚えておきましょう。そして各モニターの大きさの違いは以下の図をみれば一目瞭然。

とは言え、例えば24インチの約61cmをメジャーで測ってみてください。結構大きいモニターだって分かるはずです。

そして、割と「Apex Legends」「フォートナイト」のようなFPSなら24インチがベストと言っているプロゲーマーが多い。なぜなら、画面全体が視野に入ってないと端から出てきた敵にすぐ反応できないから。でも4Kなら27インチ以上の大画面でその美しさを堪能したい。要するに使い方によってサイズを選ぶべきです。

解像度

解像度はいろいろな機器で聞くようになり、一般的に馴染みのあるスペックかと思います。例えば、デジタルカメラ・スマホ・ドライブレコーダー・スキャナーなどですね。

解像度とは、「ドット」と言われる点がパネルに敷き詰められた状態を「横のドット数」と「縦のドット数」で表したものです。以下のようなイメージが出来ればOKです。

また、モニターの解像度は「フルHD(FHD)」「WQHD」「4K」と表現します。違いは以下の表をご覧ください。

解像度 横のドット数  ×  縦のドット数
4K 3840  ×  2160
WQHD 2560  ×  1440
FHD 1920  ×  1080
4KはFHDの縦も横も2倍なんだね。すげ~!

レイ君

初心者にありがちなことですが、解像度が高ければよいモノ的にモニターを購入すると後悔するかもです。解像度と先ほど説明したモニターサイズは使用するにあたり関連性が深く、よく検討する必要があります。

例えば、このブログを24インチのFHDで見ていただいている人もいると思いますが、同じサイズのまま4Kにすると文字の大きさは4分の1になってしまい、小さすぎて読みにくくなります。

よって「用途 × モニターサイズ × 解像度」で自分にとって快適なモニターを選ぶことが理想的ですね。

※PCと兼用で使う場合、4Kモニターであっても、PCの設定で解像度をFHD表示することができます。

応答速度

応答速度とはざっくり説明すると色の変化に要する時間のことで、単位は「ms(ミリセカンド)」と表し、1msは1/1000秒のことです。もう少し詳しく説明すると「黒⇒白⇒黒」と変化するときに要する時間のことです。

まあ、よく分からないけど、数値が悪いとどうなるの?

レイ君

数値が大きい(時間が長い)と高速に動くゲームでは残像が出やすくなります。

よって、数値が小さければ小さいほど高性能となるわけです。

もっと詳しく知りたい方は「ゲーミングモニターの応答速度ってそんなに重要なの?勝ちたいなら1msがおすすめ!」の記事をどうぞ。

ディスプレイパネルの種類

液晶ディスプレイには「IPS」「TN」「VA」があり、一般的に以下の特徴がそれぞれあります。

パネルの種類 特徴
IPS 視野角が広く色再現性も高いため画質がとてもキレイ。最近はリフレッシュレートが速いモニターも増えてきたがTNよりは応答速度は若干遅い。どうしても価格が高くなるのがデメリットですね。
VA 画質はIPSとTNの中間的存在。応答速度は速いが、視野角はIPSよりは狭い。コントラストが他のパネルより高いのが最大のメリットで映画鑑賞にも向いている。
TN リフレッシュレート・応答速度共に速く表示できる。その代わり視野角な狭いのがデメリット。他のパネルより画質は劣るが価格が安くゲーミングモニターとして一番採用されている。

よって、一人でゲームに没頭するなら「TN」パネルでOKですが、映画なども楽しむなら「IPS」パネルの方が色再現性が高くおすすめです。

HDR

HDRとは、「ハイダイナミックレンジ」の略で、従来より広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる技術こと。

今まで写真を撮ったら、暗いところでは全体的に黒くつぶれたり、明るいところでは全体的に白く飛んだりしたことありませんか。HDRではどちらのレンジ(明暗)も殺さずに広い階調で美しく表現します。

なんだか、かなり美しい映像みたいだね♬

レイ君

本当に驚きの美しい映像でゲームを体験できるスゴイ時代になったよー。

HDRについてはこちらの記事「モニターにHDRって必要?HDRの必要性を分かりやすく解説!」で詳しく解説していますので興味がある方はどうぞ。

コスパよし!安いけど高性能な144Hzゲーミングモニターおすすめ7選

では、安くて高性能なおすすめ144Hzゲーミングモニターを紹介します。

 

まずは、以下のモニター比較一覧表をご覧ください。
※スマホでは表をスライドしてみてね。

解像度 サイズ No メーカー モデル パネル リフレッシュレート 応答速度 HDR 価格
FHD 24インチ Dell S2421HGF TN 144Hz 1ms 約2.2万
IODATA EX-LDGC242HTB TN 144Hz 0.6ms 約2.4万
LG 24GN600-B IPS 144Hz 1ms 約2.4万
27インチ ASUS VG279Q1R IPS 144Hz 1ms 約2.9万
LG 27GN600-B IPS 144Hz 1ms 約3.2万
WQHD 27インチ Dell S2721DGF IPS 165Hz 1ms 約5.0万
BenQ EX2780Q IPS 144Hz 5ms 約5.0万

24インチなら③のLGはIPSパネルでHDR対応なのにコスパが最高でおすすめ。WQHDなら⑥のDellは165Hzで1msとワンランク高くAmazonでセールをよくやるので要チェックです。

①【FHD・24インチ】Dell S2421HGF ゲーミングモニター

モニターに定評のあるDellの144Hzゲーミングモニター23.8インチです。FHDのTNパネルを使用し徹底的なコスト低減をしたモデルですが、応答速度は1msと本格的。TNパネルなので視野角は狭いですが一人でやるなら十分。この高性能スペック機種がこの価格で手に入るなんて、いい時代になりましたね。

とにかく一人でゲームに没頭できる「低価格なモニターが欲しい方」におすすめです。

②【FHD・24インチ】IODATA ゲーミングモニター EX-LDGC242HTB

日本企業のI-O DATAが出した本気のFHDのゲーミングモニター23.6インチです。リフレッシュレートはPS4だけでなくPS5にも対応できる144Hzで、応答速度がなんと驚きの0.6ms。しかもこの価格でなんとHDR対応!ただし低価格なTNパネルなので視野角が狭い為、みんなで遊ぶ目的なら注意が必要です。

安心の日本製でコスパ重視のFHD・HDRモニターが欲しい方はぜひ!

③【FHD・24インチ】LG ゲーミングモニター UltraGear 24GN600-B

液晶パネルメーカーでもあるLGの24インチ144Hzモニターです。パネルは応答速度1msのIPSしており、さらにHDRにも対応。暗いシーンの視認性を高める「ブラック スタビライザー」はゲームが優位になること間違いなし。FreeSync・G-Syncにも対応しゲーム機能が充実してます。完璧ですね♬

液晶メーカーが本気で開発した高性能ゲーミングモニターを使ってみませんか!

④【FHD・27インチ】ASUSTek ゲーミングモニター VG279Q1R

ノートPCでも有名なASUSの144Hzゲーミングモニター27インチです。IPSパネルで応答速度は1msと完璧ですがHDR機能はないので欲しい方は注意が必要です。スピーカーを内蔵しており気軽に音が聞けるのは助かります。

27インチのコスパが高い144Hzゲーミングモニターが欲しい方はぜひ!

⑤【FHD・27インチ】LG ゲーミングモニター UltraGear 27GN600-B

液晶メーカでもあるLGの27インチ・144Hzゲーミングモニターです。解像度がフルHDのIPSを使用しており応答速度は1ms。HDRにも対応しており、この価格はコスパ高すぎですね。

コスパ重視だけど、性能にも妥協できない方にピッタリ。

⑥【WQHD・27インチ】Dell S2721DGF 27インチ ゲーミングモニター

144Hzより1ランク上の165HzのDell製WQHDゲーミングモニターです。視野角の広いIPSパネル採用で応答速度も1msと妥協無し。さらにドット抜けがあれば交換してくれるサービス「3年間無輝点交換保証」は品質に自信のある証。価格は余裕で5万円を切るようになり、WQHDも安くなりましたね。

できるだけ低価格、でも性能に妥協はしなくないワガママさんにオススメ!

⑦【WQHD・27インチ】BenQ IPS ゲーミングモニター EX2780Q

BenQのWQHDゲーミングモニター27インチです。BenQと言えば独自のアイケア技術で目の疲れをとことん軽減するところが嬉しい。ゲームって長時間プレイになりがちですからね。IPSパネルでHDR機能搭載。さらにサブウーファー付きの2.1chスピーカーでモニターとしては最高クラスの音質。応答速度は5msですが、正直言って十分速い!USB-C端子もあり次世代接続規格にも対応しており、正直イチオシです。

コスパ最高のWQHD・27インチで超高画質に酔いしれたい人におすすめっす。

【まとめ】144Hzゲーミングモニターでガチプレイしよう!

お疲れ様でした。

今回は、とにかく安くて高性能な144Hzゲーミングモニターを紹介しました。勝つために開発されたモニターであることが分かったでしょうか。

よく分かったよ♬

レイ君

しかし、Amazon等ネットショップでは、あまり聞いたことの無いメーカーが激安で販売されています。安いからといって、そう言ったメーカー品に手を出すのは避けましょう。だって故障した際、まともに修理を受け付けてくれるかもナゾですよ。これは、失敗した過去の自分に言っています。

是非、信頼できるお気に入りのメーカー・機種を見つけて、ゲームに集中できる環境を作りましょう。もし、本記事がゲーミングモニター購入で参考になったのなら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。