ゲーミングモニター12社の特徴を解説

24インチって小さい?WQHDモニターって文字読める?27インチと比較したら分かった♬おすすめ機種も紹介!

こんにちは。

24インチモニターの購入で解像度をFHDにするか、それともWQHDにするか、誰もが一度は悩んだりします。

FHDでも高解像度だと思うけどダメなの?

レイ君

たしかにFHDの液晶モニターが発売されたころは高解像度と言われ、年々価格が下がってコストパフォーマンスも良くなり、たちまち一般人でも普通に購入できるようになりました。

そして現代はさらに高解像度化が急激に成長し、いまや4Kは当たり前の時代になり、オリンピックでは8Kの放送をやろうとしています。

とは言え、24インチモニターで4Kを選んでも、PCモニターとしては文字が小さすぎて使えず、意味ないことになってしまう可能性が高い。

じゃあ、24インチは解像度いくつにすればいいの?

レイ君

結論から言うと24インチモニターの解像度はFHDがベスト!でもWQHDは使用目的が合っているならOK!

今回、24インチモニターの選び方をコンピューターに詳しくない人にも分かりやすく解説します。しっかりモニターのことを理解した上で気に入ったモニターを購入しましょう。

本記事の内容

  • 24インチモニターの適正な解像度が分かる
  • 使用目的で解像度は選択すべきと分かる
  • 24インチモニターのおすすめ機種が分かる

筆者の自己紹介

最近は仕事でもプライベートでも四六時中モニターに向き合っている方が増えてきましたが、この記事を書いている僕もその一人。パソコン歴35年の僕はPCを扱う業界に身を置き、仕事でも沢山のモニターを購入してきました。その知識を活かしつつ、本ブログにてモニター選定で困っている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

24インチって小さい?WQHDモニターって文字読める?27インチと比較してどう?

まず、理解すべきことがあります。

24インチモニターって小さいかどうかですが、僕的には、24インチって決して小さくないです。

いまや、27インチや32インチのモニターまでラインナップが豊富なモニターの世界では、24インチが小さく感じてしまい購入を迷う人がいます。そう、昔の僕です。

実際、サイズを比較すると以下の感じ。

まめ知識

上記でモニターのサイズを対角線の長さで表現していますが嫌がらせではなくて、モニターの大きさを表すインチって言うのは液晶パネルの対角の長さのことなんです。モニターの外形ではなくて、液晶パネルなので勘違いしないように。覚えておきましょう。

たしかにこの図では24インチが小さく見えちゃうかもですが、24インチモニター外形の平均的な横幅は約55cmです。

えっ、24インチって55cmもあるの?俺のテーブルに載るかな・・・

レイ君

24インチで迷う前に、モニターを設置する環境(テーブルの大きさなど)を確認しましょう。もしかしたら24インチサイズがあなたの環境としてはベストかも知れません。

そして、24インチモニター購入時に必ずと言っていいほど迷う問題として、解像度をどれにするか。代表的な解像度は以下の3つがあります。

解像度横のドット数  ×  縦のドット数
4K3840  ×  2160
WQHD2560  ×  1440
FHD1920  ×  1080

おそらく、解像度はこんなイメージを持っていませんか?

  1. 4Kで24インチはさすがに小さいよな
  2. 24インチならやっぱりFHDがちょうど良いと思う
  3. 気になるWQHDは文字が小さいのかなぁ

①②は僕も完全同意で、③は非常に気になる所で文字読めるのかなぁって心配ですよね。この24インチのWQHDモニターを深掘りし説明していきます。ちなみに27インチのWQHDなら割と実用的でこちらの27インチの記事にて解説していますのでよろしければどうぞ。

モニターの解像度は使用目的で選ぶべき理由とは。24インチはFHDもしくはWQHDでOK!

ところで、今さらですが解像度を正確に理解してますか?

えっと~、数値が大きいとキレイでしょ・・・

レイ君

このようにイメージで理解している人は少なくありません。解像度とモニターのサイズはとても関係性が深く、モニター選ぶ際にしっかりと理解すべきことです。

まずは上記で説明した3つの解像度の違いを図で比較すると以下のようになります。

4KはFHDの縦も横も2倍のドット数が並んでいます。

あの~、ドットって何?

レイ君

ドットとは画素の事で、液晶パネルは画素と言われる小さな点をキレイに敷き詰めた状態です。解像度は液晶パネルの「横の画素数」×「縦の画素数」で表しています。要するに以下がイメージできればOKです。

カンの良い人なら気付いたはず。同じモニターサイズでFHDから4Kへ変更したら、文字の大きさは4分の1になります。いまこの記事を読んでいる文字が4分の1になったら、無理なく読めますか?きっとつらい人の方が多いでしょう。

だから、解像度はモニターサイズに合ったモノを選ぶことが重要なのです。

じゃあ、24インチの場合は解像度はどうすればいいの?

レイ君

では、24インチモニターの各解像度の特徴ですが以下のとおりです。

24インチモニターの特徴

解像度特徴
4K文字が小さく正直言ってツライ。しかし、一眼レフなどで撮った超高解像度写真を趣味にしているのなら利点はある。OSの設定で文字だけ大きく表示する工夫が必要。
WQHD視力がいい人なら何とか文字が読めるレベル。ゲームの高画質化と高速表示を両立できる解像度としてゲーミングモニターで多く採用されている。
FHDベストな解像度。Web回覧やExcelやWordなどの作業、何をしてもバランスがよい。映画やゲームもそれほど拘らない人なら十分高解像度で満足できるはず。

気になるWQHDですが、文字の大きさで言うとFHDより約56%の大きさです。要するに2分の1より若干大きいので、特に視力がいい人なら読めるレベルですね。

でも実はモニターメーカー的には、WQHDの使用目的は割と決まっていて、映画や特にゲームとしてモニターを使いたい人が一番適しています。このようなモニターをゲーミングモニターと呼びます。

ゲーミングモニターって普通のと何が違うの?

レイ君

ゲーミングモニターはゲーム機から高速で出力される映像を取りこぼしなく表示するために高速処理に特化したモニターで、eスポーツが盛り上がってきた現代、とても注目されています。ハッキリ言って、PCとPS5等のゲーム機で共用して使いたいなら、ゲーミングモニターを選ぶべきです。

4Kのような超高解像度になると高速処理が技術的に難しく高価格になるため、高速処理と高解像度と価格のバランスがいいWQHDがゲーミングモニターとして普及している訳です。

24インチモニターのおすすめ機種を紹介

では、24インチモニターをFHDとWQHDに分けて、おすすめ機種を紹介します。

選定基準としては世の中からしっかりと評価されているメーカーや機種を選定しています。そして割と僕が信頼していて好きなメーカーが多くなってしまいましたー。

まずは以下の比較一覧表をご覧ください。
もちろん、全機種「24インチ」です。

※スマホでは表を指でスライドしてみてね。
※モデルにタッチすると詳細説明位置にジャンプするよ。
※価格は日々変動していますので必ずショップで確認してください。

Noモデルメーカ型式解像度パネルHDR接続規格スピーカー価格
BenQGW2480フルHDIPSHDMI×1
DP×1
VGA×1
あり約2.1万
DellS2421HフルHDIPSHDMI×2あり約2.2万
HUAWEIAD80HWフルHDIPSHDMI×1
VGA×1
なし約1.8万
AcerVG240YUbmiipxWQHDIPSHDMI×2
DP×1
あり約3.1万
IODATAEX-LDGCQ241DBWQHDADSHDMI×3
DP×1
あり約3.0万
LG24QP750-BWQHDIPSHDMI×1
DP×1
USB-C×1
なし約3.2万

今回厳選して気付いたことですが、本当に高性能なモニターが安くなったなぁと。色再現性の高い高画質IPSパネルを採用していてこの価格ってヤバイと思った。僕はこの業界が長くて、昔は今ではあり得ない価格で購入してたから😭

FHDモデルはどれもコスパが高いですが、接続規格の数に注意が必要です。PCとゲーム機を接続したかったらHDMIを2つ搭載した「②Dell S2421H」が無難でおすすめですが、PCがDPなら「①BenQ GW2480」でもOK。

WQHDモデルならUSB-Cを搭載した「⑥LG 24QP750-B」が将来的にも拡張性が高い。とは言え、USB-Cが不要ならHDMIを3つ搭載した「⑤ IODATA EX-LDGCQ241DB」が使い勝手よくおすすめ。

では、それぞれ簡単に特徴を解説します。

① BenQ モニター ディスプレイ GW2480 23.8インチ/フルHD/IPS

BenQの特徴として、目を守る技術がハンパないです。独自のアイケアテクノロジーとして「ブルーライト軽減」や「フリッカーフリー」機能などが目の疲れを極力抑えます。さらに「ブライトネスインテリジェンステクノロジー」は、視聴環境周辺の光量を検出して輝度を自動調整し、周辺光による目の疲労を軽減すると言うこだわりぶり。

PCやスマホで目を酷使する時代なので、僕のように目を守ることを最重要と考えている人にはオススメなモデルです。

② Dell ワイドフレームレスモニター S2421H 23.8インチ/フルHD/IPS

モニターに定評のあるDell。フレームレスデザイン・IPS非光沢・フリッカーフリー・ブルーライト軽減とすべてが完璧。Dellがスゴイのは「3年間無輝点交換保証」と言うドット抜けがあれば交換してくれるサービス。品質に自信ありの証ですね。

メーカー保証が充実した高品質FHDモニターが欲しい人はぜひ!

③ HUAWEI フルビューディスプレイ 23.8インチ

HUAWEIのフルビューディスプレイが昨年あたりから人気が急上昇してきました。HUAWEIと言えばスマホやノートPCなど液晶パネルに精通したメーカーで評価も上々。本モデルはブルーライト軽減機能やFreeSyncにも対応しておりバッチリ。スタイリッシュなデザインと圧倒的なコスパが魅力ですね。

コスパ重視だけど品質も妥協したくない人は軽視してはいけないモデルですよ!

④ Acer ゲーミングモニター Nitro 23.8インチ WQHD VG240YUbmiipx

コスパが良い機種を多く出しているAcerのゲーミングモニターです。IPSパネルでFreeSyncにも対応し、応答速度は1msと速い。ただし、フレームレートが75Hzなので、ゲーミングモニターとしてはメチャクチャ高速ってわけでもありません。

PC作業(Web回覧、資料作成、YouTube視聴)が中心でたまにゲームの方に最高です。

⑤ I-O DATA ゲーミングモニター 23.8インチ GigaCrysta WQHD EX-LDGCQ241DB

I-O DATA(アイ・オー・データ)は、PCのサプライ・周辺機器メーカーとしての老舗でモニターも昔から販売しています。僕も仕事でよくお世話になっているほど信頼性が高い。採用されているADSパネルの性能はIPSパネルと同等と思ってOKで、視野角が広く色鮮やか。ゲームやWebなど5つの画面モードから選べます。国内メーカー3年保証も魅力の一つ。HDMI×3は拡張性が最強だね。

PCだけじゃなくPS4やSwitchなど遊べる最高なモニターが欲しい人はぜひ!

⑥ LG フレームレス モニター ディスプレイ 24QP750-B

液晶パネルメーカーでもあるLGの24インチWQHDモニターです。パネルはIPSでしかもHDR搭載なのにこの安さは驚きの一言。さらに次世代接続規格でもあるUSB-Cにも対応し用途が幅広い。高さ調整や回転機構もあり完璧。このスペックでこの価格はハッキリ言ってコスパ最強!

一切妥協なしの完璧な24インチWQHDモニターが希望ならコレ一択で間違いなし!

【結論】24インチモニターはPC作業中心ならFHD!ゲーム派はWQHDで決まり!

いかがでしたでしょうか。

モニターの大きさや使用目的によって解像度をどれにするか、よく検討する必要があることが分かっていただければOKです。

ちなみに、注目のゲーム機PS5は4K映像に対応してきました。(8Kも対応とありますが、おそらく高速表示系のゲームは処理がツライでしょう)

PS5は俺も楽しみだな~

レイ君

とは言え、満足いくような4Kのゲーミングモニターは、ほとんど販売されておらず、販売されたとしてもかなり高額が予想され手が届きにくい。

そう言った意味では、WQHDって手の届く高解像度モニターになる訳です。

正直、僕としてはゲーム目的なら、27インチのゲーミングモニターをおすすめします。圧倒的に迫力が増し、映画でもゲームでも没入でき楽しさが倍増します。このあたりはこちらのゲーミングモニターの記事でくわしく解説していますのでよろしければどうぞ。

また、24インチでゲームをやらない人は迷わずコスパ最高なFHDが良いでしょう。

もし、モニター選びで参考になったのなら幸いです。お互いベスト環境でPCライフを楽しみましょう♬

最後までお読みいただきありがとうございました。

補足説明

もし、映画鑑賞が趣味なら4Kモニターも検討の対象にすべきです。その理由はこちらの4Kモニターの記事にて分かりやすく説明していますのでぜひセットでご覧ください。

Amazon裏技的利用法♬

Amazonチャージってご存知でしょうか?自分アカウントにあらかじめギフト券としてチャージするだけで最大2.5%のポイントがもらえちゃう。

そのギフト券で普通に支払いできるので手間なし。ポイントもらえば実質割り引きみたいなもんだから、知ってる人だけの裏技ってわけ♬

Amazonチャージの詳細はこちら

すべては全集中のために♬

モニターアームは自由自在にモニターの位置を簡単に移動できる便利アイテム。机上をスッキリできて、PC作業やゲームなどシーンによって素早く調整可能。やはり高品質「エルゴトロン」がAmazonベストセラーNo1で人気ですね!

Amazonでエルゴトロンをチェック

また、モニターには外部スピーカーが必須ですよ!モニターの内蔵スピーカーなんて今やスマホ以下の低音質だから。でもね、2~3千円のじゃあ意味ないよ。最低でもBoseの「Companion 2 Series III」レベルの音質は欲しいでしょ♬

AmazonでBose Companion 2 IIIをチェック

もう少し予算とスペースがあるなら「Edifier R1700BT」にすると立派なサウンドルームになる♬

AmazonでEdifier R1700BTをチェック

もう普通のイスには戻れないよ・・・

1万円台のゲーミングチェアを買ってみたら「お値段以上」だったのでレビューを書いたよー。ゲームはもちろんPC作業でも、普通のイスを使っている人は一度読んでいただけると「ゲーミングチェアのイロハ」が3分で理解できるよ♬

1万円台の安いゲーミングチェアを使った感想 → 割とよい【1万円以下はおすすめしない】

1万円台の安いゲーミングチェアを使った感想 → 割とよい【1万円以下はおすすめしない】