ゲーミングモニターの選び方はコチラ ≫

PS4でゲーミングモニターって意味ない?必要な理由とおすすめ機種7選を紹介!

※本ページはプロモーションが含まれています

あのさ~、FPSゲームで勝ちたいけど、PS4でゲーミングモニターって意味ない?

レイ君

結論から言っちゃうとPS4においてもゲーミングモニターを使用した方がゲームプレイが有利になります。
なぜなら、ゲーミングモニターはゲーム機から高速に出力される映像を取りこぼしなく表示できるから。

じゃあ、ゲーミングモニターなら何でもいいの?

レイ君

とはいえ、ゲーミングモニターと書かれていればどれでもいい訳ではありません。

そのゲーム機に合ったゲーミングモニターを選ばないと、オーバースペックな高額機種を買ってしまい、結果的に損をしてしまいます。逆にスペックが足りてない機種を選んでしまい、意味ないゲーミングモニターを買ってしまう可能性も。

いままでモニター選びなんてサイズしか気にしたことなかったけど・・・

レイ君

昔の僕のように、サイズぐらいしか気にせず購入すると後悔するのがモニターの世界。さらにゲーミングモニターはスペックの数値までこだわって選択しなければなりません。

そこで今回、PS4に最適なゲーミングモニターの選び方とおすすめの機種を紹介します。しかも、十分なスペックを持った出来るだけ安い、それでいて名のあるメーカー品のみに厳選しました。

コスパの良いゲーミングモニターが欲しい方の参考になれば幸いです。

本記事の内容

  • PS4のスペックから重要なモニター性能が分かる
  • PS4に最適なゲーミングモニターの選び方が分かる
  • PS4の能力をFPSで最大限に使うおすすめ機種が分かる

筆者の自己紹介

最近は仕事でもプライベートでも四六時中モニターに向き合っている方が増えてきましたが、この記事を書いている僕もその一人。パソコン歴35年の僕はPCを扱う業界に身を置き、仕事でも沢山のモニターを購入してきました。その知識を活かしつつ、本ブログにてモニター選定で困っている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

ゲーミングモニターを選定するにはPS4の映像出力スペックを理解せよ

モニターを選定するためには、その相手であるPS4のスペックを理解する必要があります。そして、PS4には、大きく分けて「Pro」と「Slim」の2種類のモデルがあります。

まさか、同じPS4でもスペックが違うの?

レイ君

その通りで、細かくスペックの内容を確認するとこのような違いがあります。

   MAX解像度 MAXフレームレート
PS4(Pro) 4K(3840  ×  2160) 60fps(ブーストモード搭載)
PS4(Slim) FHD(1920  ×  1080) 60fps

「PS4 Pro」なら、なんと解像度が4Kに対応しています。そして、このPS4 Proを購入したのにも関わらず、FHDのモニターを使っている人が多いのも事実で意味のないことになっている。

PS4 Proはリアリティのある超高画質で楽しんでいただきたいために作られたハイエンドモデルなんですよ。公式サイトでこのように説明しています。

4K対応のハイエンドモデル PlayStation 4 Pro
さらにハイクオリティなPlayStation 4体験をお求めの方に向けて、新たな付加価値をお届けするハイエンドモデル。
もちろんすべてのPS4ゲームがPS4 Proに対応し、PS4ユーザーとのオンラインマルチプレイも垣根なくお楽しみいただけます。

4K対応テレビをお持ちなら、対応するPS4ゲームが4Kクオリティの高画質、かつ快適な映像で体験可能になります。

4K解像度までのビデオ再生にも対応し、Netflix、YouTubeなどの4KストリーミングビデオサービスをPS4 Pro上で視聴できます。

引用元:PS4公式サイト

とは言え、「PS4 Slim」も解像度はFHDと一般的ですが十分高画質で、フレームレートは60fpsで高速です。

フレームレートってなに?

レイ君

解像度までは気にしても、フレームレートを理解せずにモニターを購入している人も少なくないです。昔の僕のことですが、ゲーミングモニターの選定では、このフレームレートを絶対に理解しておくべきです。

ゲームでも映画でも、パラパラ漫画のように画像を高速で切り替えて表示することで動いてみえるわけで、フレームレート60fpsは、1秒間に60枚の画像を出力しています。だから、滑らかな動きの映像が楽しめるわけです♬

60枚ってめっちゃ速くないかー

レイ君

そして、そのフレームレートにお応えするモニターのスペックがリフレッシュレートです。リフレッシュレート60Hz以上のモニターを選べばよい訳です。しかし、上には上があって、240Hzのゲーミングモニターなんてのもある。とは言え、性能が上がれば上がるほど高額になるので注意が必要です。

そして予算に余裕があれば、もう一つこだわりたいスペックにHDRがあります。実はこのHDR、これからのゲームや映像エンタメでは必須になりつつあるスペックです。

なんか、スマホのカメラにHDRってあるけど、それのこと?

レイ君

その通りで、超簡単に説明すると、もっともっと美しい映像になるのがHDRと言う技術。ただし、HDRは表示するモニターもHDRに対応していないとその美しい映像を観ることはできません。

そんなわけで、モニターのスペックについてさらに深掘りして解説します。

PS4で速すぎるリフレッシュレートは意味ない!ゲーミングモニターの選定条件を解説

おさらいになりますが、PS4には「Pro」と「Slim」があり、それぞれの性能の違いはこちら。

   MAX解像度 MAXフレームレート
PS4(Pro) 4K(3840  ×  2160) 60fps(ブーストモード搭載)
PS4(Slim) FHD(1920  ×  1080) 60fps

そして、このPS4の性能を完全に引き出すゲーミングモニターの選定は、以下の条件に気を付ければよい。

  • 解像度
  • リフレッシュレート
  • 応答速度
  • HDR

それぞれ、深掘りして説明します。

PS4に合う解像度は「Pro」なら4K、「Slim」ならFHD

解像度4KとFHDの違いを図で比較してみます。

FHDが持つドット数(画素数)のなんと4倍ものドット数を持つのが4Kです。それだけ細かいドットなので繊細で美しい映像を作り出せるわけです。

せっかくPS4 Proを買ったのなら、4Kのモニターを選びましょう。逆に4Kを検討していないのなら、なんで価格の高いProを買ったの?って言いたいぐらい。

そのぐらい、ゲームクリエイターの方々は、めっちゃ美しい映像でゲームを楽しんでもらいたくて4Kゲームを開発してるはず。それを堪能しないなんてもったいない。

オッケー!でも俺はSlimだけど、どうしたらいいの?

レイ君

PS4 SlimならFHDでよい。FHDを超える解像度のモニターを選んでも意味がない。さらにメリットとして、FHDなら低価格の機種も多く、手が出しやすい。

よって、「Pro」なら4K、「Slim」ならFHDが最適な選択となる。

PS4の映像を受け取るにはリフレッシュレートが60Hz以上必要

おさらいですがPS4のフレームレートは60fpsです。1秒間に60枚の画像が出力されます。

ゲームでも映画でも、高速で画像を切り替えることでパラパラ漫画のような動きを出している訳です。

この画像を取りこぼしなく全て表示できるモニターが理想的ですよね。

なるほど!でも何に気を付けてモニターを選べばいいの?

レイ君

モニターにはリフレッシュレートと言われるスペックがあり、例えば60Hzと表現します。Hzは周波数のことだけど学校で習ったよね?

え~と、習ったかなぁ~

レイ君

リフレッシュレートは1秒間に何枚表示できるかを表しています。60Hzなら1秒間に60枚の画像を表示できるわけだから、PS4には60Hz以上のリフレッシュレートを持ったモニターを選定すればいいのです。

とはいえ、240Hzとかメッチャ速い高額なゲーミングモニターを買っても意味ないので気を付けましょう。

ゲームの速い動作で発生する残像を無くすには応答速度1msを狙え!

応答速度とはざっくり説明すると色の変化に要する時間のことで、単位は「ms(ミリセカンド)」と表し、1msは1/1000秒のことです。もう少し詳しく説明すると「黒⇒白⇒黒」と変化するときに要する時間のことです。

まあ、よく分からないけど、数値が悪いとどうなるの?

レイ君

数値が大きい(時間が長い)と高速に動くゲームでは残像が出やすくなります。

よって、数値が小さければ小さいほど高性能となるわけです。5ms以下からゲーミングモニターと言われてる感じはあるけど、残像を極力なくしたければ1ms以下にこだわってみましょう。

HDRで映像の世界が変わる!高画質映像でゲームを楽しむ時代

HDRとは、ハイダイナミックレンジの略で、通常より広い明るさの幅で表示できる技術のことです。

明るさの幅って言われてもよく分からないなぁ

レイ君

例えば、写真でもビデオでも、明るいところが白く飛んだり、暗いところが黒くつぶれたりした経験はありませんか。この現象を無くすために明るさの幅(レンジ)を広くもって、明暗どちらもたくさんの階調で自然でリアルな映像を作り出せるわけです。

ただHDRは、モニター側も対応していないとHDR表示ができないので注意が必要です。

せっかくHDR対応のゲームをするなら、美しい映像を楽しみたいですよね。

PS4の能力をFPSで最大限に使う安いゲーミングモニターおすすめ7選!【Slim:FHD/Pro:4K】

お待たせしましたー。

それでは、PS4に最適なゲーミングモニターを紹介します。もちろん、「PS4 Slim」と「PS4 Pro」のおすすめ機種です。性能に対して価格が安い(コスパの高い)機種のみを厳選しました。

また、PS5に買い替えを予定している方のために144Hz以上のゲーミングモニターもラインナップに入れました。

※昔は75Hzを中心に紹介していましたが、ほとんどの機種が廃番となりました。

っと、その前に液晶パネルの種類について、それぞれの特徴を簡単に理解しておきましょう。

パネルの種類 特徴
IPS 視野角が広く画質がとてもキレイ。最近はリフレッシュレートが速いモニターも増えてきたがTNよりは応答速度は若干遅い。どうしても価格が高くなるのがデメリットですね。
VA 画質はIPSとTNの中間的存在。応答速度は速いが、視野角はIPSよりは狭い。コントラストが他のパネルより高いのが最大のメリット。
TN リフレッシュレート・応答速度共に速く表示できる。その代わり視野角が狭いのがデメリット。他のパネルより画質は劣るが価格が安くゲーミングモニターとして一番採用されている。

まずは、以下のモニター比較一覧表をご覧ください。
※スマホでは表を指でスライドしてみてね。
※価格は日々変動していますので必ずショップで確認してください。

タイプ 解像度 サイズ No メーカー モデル リフレッシュレート 応答速度 パネル HDR 価格
Slim FHD 24インチ ASUS VG258QR-J 165Hz 0.5ms TN 約2.5万
Acer QG241YEbmiix 100Hz 1ms IPS 約1.7万
LG 24GS60F-B 180Hz 1ms IPS 約2.8万
I-O DATA EX-LDGC243HDB 165Hz 1ms ADS 約2.5万
BenQ ZOWIE XL2411K 144Hz 1ms TN 約3.0万
Pro 4K 27インチ ASUS VG289Q1A 60Hz 5ms IPS 約4.0万
Acer XB283KKVbmiipruzx 144Hz 1ms IPS 約8.0万

価格の差には理由があって一般的に以下の感じで価格は高くなります。

  • TNよりIPSの方が高値
  • リフレッシュレートが速い方が高値
  • 解像度が高い方が高値

サイズは24インチが標準的で画面全体を見渡しやすくプレイしやすい。しかし、解像度4Kは27インチ以上がおすすめです。

また、色再現性の高い「IPS」にこだわる人がいますが、ゲームでその微妙な色合いを気にする必要はなし。実際、多くのプロゲーマーが「TN」パネルを使っているのは周知の事実です。

そして、これからPS5購入も視野に入れているならリフレッシュレートが必ず144Hz以上のゲーミングモニターを選びましょう。

では、それぞれ簡単に解説します。

①【FHD・165Hz】ASUS ゲーミングモニター VG258QR-J 24.5インチ

ASUSと言えばノートPCでも有名なメーカーですが、ゲーミングモニターにも力を入れています。残像を極限まで少なくするため応答速度は妥協無しの0.5ms。リフレッシュレートは165HzなのでPS4だけでなくPS5も十分カバーしています。HDMIポートの他DPポートもあるので拡張性も十分。ゲーマーに人気のモデルで、正直めっちゃ売れてる逸品です!

PS4にて本気でゲームに勝ちたい人にオススメ!

②【FHD・100Hz】Acer ゲーミングモニター Nitro QG241YEbmiix 23.8インチ

ノートPCでも有名なAcerのゲーミングモニターです。100HzなのでPS4の仕様に十分満足しており、なんと広視野角で色再現性の高いIPSパネルを採用してこの価格。応答速度は1msと十分。デザインもゲーミングらしいスタンドでカッコよく、HDMIが2ポートあり拡張性もバッチリ!僕だったらPS4用としてコレを選ぶって言うぐらい完璧。

PS4用の24インチ・IPSモニターなら本機種で間違いなし!

③【FHD・180Hz】LG ゲーミングモニター UltraGear 24GS60F-B 23.8インチ

液晶パネルメーカーでもあるLGの新モデル23.8インチ180Hzモニターです。パネルは応答速度1msのIPSを採用しており、さらにHDRにも対応。暗いシーンの視認性を高める「ブラック スタビライザー」はゲームが優位になること間違いなし。FreeSync・G-Syncにも対応しゲーム機能が充実してます。これなら、PS5やゲーミングPCでも十分なスペック。完璧ですね♬

コスパ最高の144Hz・24インチIPSモニターならコレ一択でしょ!

④【FHD・165Hz】IODATA ゲーミングモニター EX-LDGC243HDB 23.8インチ

僕もよく仕事でお世話になっている日本企業のI-O DATAが開発した本気のFHDのゲーミングモニター23.8インチです。リフレッシュレートはPS4だけでなくPS5にも十分対応できる165Hzで、応答速度も1msと完璧。しかもこの価格でなんとHDR対応!使用されているADSパネルはIPSパネルと同等の性能だから画質も超きれいです。

日本企業が開発した高品質なゲーミングモニターが欲しい方はぜひ!

⑤【FHD・144Hz】BenQ ゲーミングモニター ZOWIE XL2411K 24インチ

BenQのゲーミングモニターZOWIEシリーズのFHD・24インチです。144Hz/1msなのでゲーマー用として必要十分な性能。残像を極限まで無くすDyAc(黒挿入)技術搭載でこの価格は頑張りすぎやろ~♬

プロゲーマーも使うモニターで勝つゲームをガチでやりたい人はコレでしょ!

⑥【4K・144Hz】ASUS ゲーミングモニター TUF Gaming VG289Q1A 28インチ

ノートPCでも有名なASUSの4Kゲーミングモニター、正確には27インチではなく28インチです。リフレッシュレートは60Hzですが4Kとしては優秀なスペック。HDR機能付きのIPSパネルでこの価格はスゴイ!応答速度は5msですが、60Hzなので必要十分です。

IPSなのにコスパ最高の60Hz・4Kモニターで超高画質を楽しみたい方はぜひ。

⑦【4K・144Hz】Acer ゲーミングモニター Predator XB283KKVbmiipruzx 28インチ

パソコンメーカーでも有名なAcerの28インチ4Kゲーミングモニターです。リフレッシュレート144Hzの描画スピードとIPSパネル4Kの高解像度を両立し、1ms(GTG)の応答速度で残像を極限までなくした逸品。さらにDisplayHDR400対応で人の目で見たように明暗部分もクッキリと表示されるためリアルな没入感が体験できる。USB-Cにも対応しており拡張性が高いです。

ゲームとPCで兼用して使いたいならUSB-C搭載の本機種で間違いなし!

【まとめ】PS4だってゲーミングモニターでプレイしよう!

お疲れ様でした。

ついにPS5が発売されゲーム業界は活気に溢れています。しかし、まだまだPS4は現役のゲーム機!ぜひ、ゲーミングモニターでPS4の性能を完全に引き出して遊んでみましょう。

とは言え、ゲーミングモニターを買うのであれば、近い将来購入するであろうPS5も見据えた機種を検討されるのもありですね。

その価値観は人それぞれでしょ

レイ君

モニターは決して安い買い物ではありません。一度購入するとなかなか買い直すことって出来ないから、将来性をよく考えて購入することをおすすめします。

もし近い将来、PS5の購入も視野に入れているのなら、以下の記事もセットでどうぞ。

PS5の120fps対応モニターおすすめ15選【4K・WQHD・FHD各モデル紹介】

PS5の120fps対応モニターおすすめ15選【4K・WQHD・FHDの120Hz以上が理想】

お互い最高の環境でゲームを楽しみましょうー♬

最後までお読みいただきありがとうございました。

じゃあ、またねー!

すべては全集中のために♬

モニターアームは自由自在にモニターの位置を簡単に移動できる便利アイテム。机上をスッキリできて、PC作業やゲームなどシーンによって素早く調整可能。AmazonベーシックはエルゴトロンのOEMだから高品質なのに低価格で大人気!

手元を明るく照られてくれるバーライトもモニターの定番アイテムになってきました。中でもこのBenQ製の評価が高い。さすがモニターメーカーが開発したモデルですね。

BenQ ScreenBar Plus モニター掛け式ライトスクリーンバー プラス [ デスクライト monitor lamp]
BenQ

また、モニターには外部スピーカーが必要です!モニターの内蔵スピーカーなんて今やスマホ以下の低音質ですよ。デザイン性・音質・操作性すべてが高レベルの「Edifier G2000」ならゲーミング環境をワンランク上げてくれる♬

そして、ガチならゲーミングヘッドセットは必須。初心者がやりがちな2~3千円の安物買ったらあかん!セールでも5千円以上だって。例えば「Razer BlackShark V2」なら着け心地と操作性が快適な上、敵の足音も聞こえちゃうレベル♪ちなみにこのモデルはUSBサウンドカード付なのでオプション不要でPC接続が可能。初心者なら満足度100%です!

PS5最新情報!

待ってたぜ!ついにSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のCEO(一番偉い人)が海外のイベントでPS5(PlayStation 5)の世界的な在庫不足が解消されたと発表!

レイ君
レイ君

しかも新型(2000番台)は一回りスリムになったよ♬

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥66,980 (2024/04/20 18:45:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥60,730 (2024/04/20 18:45:58時点 Amazon調べ-詳細)